2007年01月06日

誘惑の部屋に捕らわれて


yuuwakunoheya_b.gif
タイトル:誘惑の部屋に捕らわれて
著者:水上ルイ
イラスト:やまねあやの
発行:小学館
レーベル:パレット文庫
発売日:2006/12/25
価格:520円(税込)

*画像clickで拡大画像が見れます。

 amazon.gif    bk1.gif
  

〜STORY〜
イタリア人の建築デザイナーと禁断の恋!?
イタリア貴族の建築デザイナーに裕介は身も心も捕らわれて・・・。
祐介は、建築を学ぶためにイタリアへ。だが留学先の学校が倒産。途方にくれた祐介は、憧れの建築デザイナー、ディーノの会社へ向かう。貴族でもあるディーノは容姿端麗な男。実は二人はずっと想いあっていて…!?

〜ひとりごと〜
 建築家見習い×大富豪の嫡男・建築家兼社長
 年の差 ヘタレ攻め

 荷物持ちで買い物に連れ出された青山で家族とはぐれてしまった朝香裕介は、併設されたゴージャスなホテルのロビーに迷い込む。
 一瞬でその空間の虜になってしまった裕介は、何か予感のようなものを感じ振り向いた。
 そしてその先にいた美しい男に目を奪われ、その人物と目が合った瞬間、金縛りにあったように動けなくなってしまう。
 家に帰りすぐあのホテルを調べ、あの時目を奪われたディーノ・カスティオーニの設計だと知る。
 完璧に計算され、胸が痛くなるほど美しかったあの空間に魅せられた裕介は、全然興味のなかったデザインに興味を持ち進路も変更し、美術コースのある高校に進学した。
 しかし、その後の進路は容易ではなく、イタリアの大学の入学資格は、日本の大学で2年間の履修が必要だった。
 そこで裕介はイタリアの語学学校に入学し、デザイン会社でアルバイトしながら勉強し、いずれはディーノ・カスティリオーニが経営するデザイン会社・ガレリア・カスティリオーニの門を叩こうと必死にアルバイトし、留学費用を貯めてきた。
 しかし、イタリアに来た裕介は、愕然とする。
 入学予定だった語学学校が倒産し、裕介はお金と住むはずだった家(学校の寮)を失ってしまった。
 もう日本に帰るしかないのかと諦め半分で、せめて彼の会社だけでも見てみたいとガレリア・カスティリオーニを訪れる。
 彼のデザインしたであろう会社の建物に圧倒されながらも、夢を諦めざるをえないと涙ぐむ裕介の前に偶然カスティオーニが現れた。
 泣いている裕介に驚き、事情を聞いてくれたカスティオーニは、アルバイトとして雇うと裕介を彼の住む一流ホテルのペントハウスに連れて来た。
 強引なカスティオーニに驚きながらも、裕介は彼に会えたばかりか、夢だった彼の会社で働ける喜びに幸せを感じていたのだが・・・。


 やまねあやの先生のイラストということで購入。
 しかし、レーベルがパレット文庫ということで、ドロドロな展開好きの私には、正直ヌルイだろうなぁと思っていました。
 案の定、ヌルかったです。(涙)
 内容自体は、淡い初恋のお話という感じでしょうか。
 100歩譲って、裕介はヨシとしましょう。18歳ですし、カスティオーニに会った時は中学生でしたからね。けれど、自分は人を好きになることはないだろうと思っていて、相手が男性な上、『ゲイだと認めたくない』から(親友達談)とは言え、29歳になった大の大人が、3年間も忘れられなかった相手に対して「この気持ちはなんだ?」って、それはないでしょうという感じでした。(苦笑)
 2人ともこんな調子なので、一緒に住んでるにも関わらず、一向に関係が先に進まないんです。
 お話の展開もあまりにも普通すぎたので、一捻り欲しかったです。
 uke.gifは、seme.gifの婚約者に嫉妬し、seme.gifは、uke.gifが口説かれるているのに嫉妬を感じというパターンなお話でした。
 seme.gifの無防備なuke.gifを見てのセリフ「私が、飢えた凶暴なゲイでなかったことを、神に感謝するんだな」って、これで自分の性癖に疑問を持ち、ひょっとして自分は『ゲイ?』となるんですが、その前のセリフは……で、笑うしかなかったです。


 裕介の建築家としての未来は?
 カスティオーニの婚約者の存在は?
 二人の恋の行方は?




〜ツボな脇キャラ〜
 いい男らしいゲイが他に2人も出ているのですが、パレット文庫が休刊になるそうなので、続編は期待できそうにないです。
 他社さんで、もう少しドロドロで色っぽいお話で出版されることを期待してみようと思います。(笑)



osusumedo_ani.gifpenguin_ani.gif196.gif



小説xxxxx232作品 コミックxxxxx110作品 UP中




続きを読む
posted by 零 at 00:31| Comment(2) | TrackBack(0) | 水上ルイ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。