2006年12月09日

君にもわかるISO 許可証 5

houmonsha_osusume1.gif


kyokashou_5_b.gif 
タイトル:君にもわかるISO
     (許可証をください! 5)

著者:烏城あきら
イラスト:文月あつよ
発行:二見書房
レーベル:シャレード文庫
発売日:2006/11/28
価格:600円(税込)

*画像clickで拡大画像が見れます。

 amazon.gif  rakuten.gif  bk1.gif

〜STORY〜
僕は前原に感動するんです
工場がISO規格を取得することになり、大忙しの弘。中でも昔ながらのやり方で製品を作り続けている製造部の説得には大苦戦。前原はといえば、大学卒業資格取得のためのスクーリングで東京へ。そこに現れたのが前原の父と名乗る、中尾だった。突然現れ、娘の結婚に差し障るから同性同士のつきあいは解消するべきだと弘に告げる中尾の真意ははたして…。一方、取得期限のあるISOを、多少強引にでも推し進めようとする弘に対し、東京から戻った前原は時間が必要だとし、意見は真っ向から対立してしまう。二つの難題を抱えた弘の出した答えとは。同志で恋人、真剣に向き合うからこそ分かち合える熱い思いが極まる、許可証シリーズ第五弾!

〜ひとりごと〜
 四大卒の変り種×製造部・組長
 ガテン系 同い年 コメディ

 『君にもわかるISO 前・後編』『理由』の三部構成です。

 “君にもわかるISO 前・後編”
  取引先からの依頼でISOを取得することになった喜美津化学は、弘を中心に進めることになった。
  前原が通信教育の必至課程のスクーリングで上京しているそんな時、前原のいない三組で不良品が出た。
  弘は、この機にISO9001システムの一つPDCAサイクルをやろうとするが、『失敗した人間を責める』かのようなシステムに賛同できないと、大反対を受けてしまう。
  失意の元、帰宅した弘の前に前原の父親だという中尾清志という男が訪ねてきた。
  そして中尾は、弘に『あなたと息子の関係は知っています。その上で息子と、――前原健一郎と別れてもらえませんか』とお願いというよりは、脅迫めいたことまでを言われてしまう。
  仕事でも弘は、悪役になってでもPDCAサイクルを進めようとするが、スクーリングから戻った前原に『ISOで悪役かってでようなんざ、十年早ぇんだよっ!思い上がるんじゃねぇっ!!』と怒鳴られてしまう。
  けれど、弘に諦める気はなく、あの手この手で製造部の説得に奔走するが・・・

 “理由”
  前原サイドから見た今回の騒動は・・・


 ご訪問者さまにオススメいただきました。
 ありがとうございました。

 ISOだ、PDCAだと小難しいことが出てきますが、分かりやすく説明してあったので何とか私でも大丈夫でした。(笑)
 ISO・・・国際標準化機構によって定められた品質管理システム
      一、はっきりと決めて標準(マニュアル)化し
      二、その標準に沿って実施し
      三、実施した内容や結果を記録して
      四、その記録を元に、さらに良い標準に改善し続けていきましょう
        というもの。
 PDCAサイクル・・・『必ず失敗から何かを学ばなければならない』という考えのもと、不良品などが出た詳細を記録するというもので、社外の人間も閲覧可能。

 ということだそうです。

 ISO、面倒くさそうです。
 けれどこれがあれば、外国にも商品を輸出しやすいみたいです。
 世界に羽ばたく喜美津も見てみたいですね。(苦笑)
 それはさておき、前原父・中尾。強烈なキャラでした。
 皆が、弘は理詰めに弱いと言ってますが、中尾がこの正論で攻めるタイプなんです。
 痛い所を的確に突かれ、結局、ひとことも言い返すことが出来ないまま、第一回の会談は弘の惨敗でした。
 当然、このことを前原に相談できるわけもなく、その後PDCAのことで前原とも喧嘩しちゃったので、かなりヘコんでしまうんですよね。
 でもね、忘れちゃいけない、弘は負けず嫌い。前原父やISOにどう反撃(?)するかは見ものですよ。
 そして、中尾が訪ねてきたことで怒り心頭の前原も、25年間音信普通だった父親の行動の意味を理解し、自分もある決意を固めます。
 『嵐を呼ぶ台風!?許可証 3』の時もでしたが、この会社特有の『話は、尾ひれ足ひれつけて大きくする』というところ、とっても笑えましたし癒されました〜。

 PDCAの行方は?
 音信不通だった父親の行動の意味は?
 弘の決断は?
 そして、前原の決意とは?




〜ツボな脇キャラ〜
 前原の父・中尾清志。

 今までの許可証シリーズには、出てこなかったタイプです。
 ガンコ親父気のいい親父、又はその予備軍の菊川、滝田に江夏たちしか出てこなかったですもんね。(笑)
 そんな中にエリート商社マンと一際異彩を放つこの人。
 とにかく凄いです。
 「どう言おうか悩みましたが、あまり言葉を費やしても意味がないでしょう。単刀直入に申し上げます。あなたと息子の関係は知っています。その上で息子と、――前原健一郎と別れてもらえませんか」と会った直後、いきなりの先制攻撃ですからね。
 その後、喫茶店に場所を移しての話合いの場でも中尾の独壇場でした。
 弘がまた言い返せないもんだから、読んでるこちらは「今更、父親面で何をっ!!」と、弘の分まで怒りたくなるんですよ〜。
 でもね、前原母・佐知子が言うように「いいひとなのよ、あんたのお父さんて」と言ったのも最後には理解できました。



osusumedo_ani.gifpenguin_ani.gif196.gif196.gif196.gif196.gif



小説xxxxx218作品 コミックxxxxx96作品 UP中




続きを読む
posted by 零 at 00:16| Comment(0) | TrackBack(0) | 烏城あきら | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年12月08日

ただいま定修中!許可証 4

houmonsha_osusume1.gif


kyokashou_4_b.gif 
タイトル:ただいま定修中!
      〜許可証をください!4〜

著者:烏城あきら
イラスト:文月あつよ
発行:二見書房
レーベル:シャレード文庫
発売日:2005/1/27
価格:590円(税込)

*画像clickで拡大画像が見れます。

 amazon.gif  rakuten.gif  

〜STORY〜
おめぇ、背中が悦いんだろう?
十月。秋の工場定期修理が始まり、営業の徳永が製造で研修をすることに。やたらになついてくる徳永をかわしつつクローズドシステムのテストを始めた弘だが、その時起こった機械トラブルを助けたのはなんと定年退職した辻本。弘の色気をいち早く見抜いた油断ならない御大の登場に、危険を察知する前原。二人で招待された社長との会食で、慰安旅行での秘め事をばらしそうになったりと相変わらず危なっかしい弘は案の定、前原と熱いひとときを過ごしたラブホテルを出た直後、偶然出会った辻本にさらわれ彼の自宅へ連れ込まれてしまう。弘、ついに往年の色事師の手に墜ちる!? 許可証シリーズ第4弾、書き下ろしは、前原が徳永主催の謝恩会を蹴ってナニをしていたかが克明に明かされる長編『魚は釣れたか?』。スリリングな釣り宿の夜、そして弘が遂に引っ越し先を?

〜ひとりごと〜
 四大卒の変り種×製造部・組長
 ガテン系 同い年 コメディ

 “許可証をください!”シリーズ 第4巻。
 『ただいま定修中! 前・後編』『魚は釣れたか?』の三部構成です。

 =ただいま定修中! 前・後編=
  前回の納品のことで営業に腹を立てていた製造部・部長が、現場の大変さを身をもって知るためと営業の新人・徳永を製造部に研修に来させた。
  徳永は慰安旅行の幹事を一時弘と共にしていたこともあるため、弘に必要以上に懐いている。
  それを知っている前原は、自ら徳永の指導を買って出たが、ただでさえ忙しい定修中なのに、目を離すと品証に入り浸ろうとする徳永に手を焼いていた。
  そして、徳永を弘に近づけないようにするために秘策を取ったまでは良かったが、なんと定年退職した辻本までが臨時雇いで借り出されてきていた。
  しかも、辻本は何やら企んでいる様子で・・・。

 =魚は釣れたか?=
  定修を終えた2人は、以前行った臨海工業地帯に釣りに行くが、行く前から一波乱。
  そして弘の引越し先も棚上げのままで・・・。


 ご訪問者さまにオススメいただきました。
 ありがとうございました。

 タイトルの定修中の定修ってなんだろう、業界用語か?と思ってましたが、何のことはない『定期修理』の略だそうです。(笑)
 2人は今回、同僚と恋人のバランスの取り方に悩み始めます。
 弘は生真面目なので、ここまで言ったら、同僚としてではなく恋人としての意見になりはしないか、その逆も然りで悩み始め、周りに男同士だということで気づかれたらと怯えるんです。
 で、その隙を辻本につかれるんですが、この辻本はおそらく62歳。元気なおじいちゃんです。元気過ぎて、弘と私を思いっきり引かせてくれました。(苦笑)
 いや〜前原が、こんなに策士だとは、気づかなかったです。(笑)
 弘の態度を敏感に察知する前原は、それが苛立ちになり、策士にもさせるんです。
 弘を確実に自分のものにするために、彼の気づかないようにじわじわと追い詰めて行こうとしているんです。
 前原は『手のひらの上で躍らせてやろうという企み』と言っています。
 その前原から『負けず嫌い』と称されている弘は、時折思ってもいない行動を取り良い意味で驚かせ、思惑の上をいってたりしていて、前原はもとよりこちらもとても楽しませてくれました〜。(笑)
 弘の引越しについては予想通りで、これからを期待させてくれるだろうもので楽しみです。(笑)
 

 前原の秘策とは?
 辻本の企みは?
 弘の引越しは?


〜ツボな脇キャラ〜
 本社営業・徳永治基(はるき)

 要領が良いというか、ドライというか、人に取り入るのが上手いというかな人です。
 徳永の以外な考え方には正直びっくりしたけれど、悪い人ではないようでわんこタイプですね。
 今回は、どかんと何かやってくれるのかと思っていましたが、その役目は、辻本だったようでちょっぴり残念でしたが、良い刺激材料にはなっていたようです。(笑)
 今後もこのスタンスでいて欲しいです。
 そして、こっちにおいでと手招きしたくなりました。
 江夏には彼女がいるみたいだから、菊川か滝田あたりとどうでしょう、烏城先生。(爆)



osusumedo_ani.gifpenguin_ani.gif196.gif196.gif196.gif196.gif



小説xxxxx217作品 コミックxxxxx96作品 UP中




続きを読む
posted by 零 at 00:18| Comment(0) | TrackBack(0) | 烏城あきら | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年12月07日

嵐を呼ぶ台風!?許可証 3

houmonsha_osusume1.gif


kyokashou_3_b.gif 
タイトル:嵐を呼ぶ台風!?
     (許可証をください! 3)

著者:烏城あきら
イラスト:文月あつよ
発行:二見書房
レーベル:シャレード文庫
発売日:2004/5/28
価格:600円(税込)

*画像clickで拡大画像が見れます。

 amazon.gif  rakuten.gif  

〜STORY〜
おまえも男なんだからわかるだろ?
 俺たちはどんなに忙しくったて
これを切り離せるわけねぇんだよ

八月。喜美津科学はかつてない渇水に見舞われ、製品が納期に間に合わないかもしれないという危機に直面していた。前原が試作していた冷却器まで持ち出し、盆休み返上で生産を試みる製造部の面々。しかし品証の弘に手伝えることは無く、自宅で通常通りの夏期休暇を取ることに。そこへ工場に詰めているはずの前原が現れ、好き放題した挙句、弘を手製の拘束具でベッドへ繋いで消えてしまう。驚き慌てる弘のもとへ、北海道にいるはずの両親が突如乗り込んできて……。書き下ろしは台風一過の朝、パワーアップした拘束具によって再びピンチを迎えた弘のその後。二人の関係にも展開が?「働く男」の真骨頂、好評シリーズ第三弾!

〜ひとりごと〜
 四大卒の変り種×製造部・組長
 ガテン系 同い年 コメディ

 “許可証をください! ”シリーズ 第3巻。
 『嵐を呼ぶ台風!? 前・後編』『台風一過のゆくえ』の三部構成です。

 =嵐を呼ぶ台風!? 前・後編=
  弘が危惧していた渇水が、思いのほか早くやってきた。
  慰安旅行から帰ってきて1ヵ月半の今、この問題に直面しているのだ。
  そのため製造が遅れに遅れ、喜美津の納品いかんでとんでもないことになる会社まで・・・。
  断水の中まだ試作段階の前原が改良していた冷却器まで使うことになってしまった。
  夏期休暇返上で製造部が動いている中、品証の弘に出来ることもなく約束していた前原と過ごす夏期休暇の予定もなくなってしまった。
  悶々とひとり過ごしている弘の所に、仕事明けの前原が来てくれたのはいいが、今まで逃げ続けていた弘に業を煮やした前原は、なんとお手製の手枷を弘に嵌めた!!
  翌日、惰眠を貪っていた弘が未だ嵌められたままの手枷に気づき、怒り心頭している所に戻ってきた前原に「こんのっ変体!」と怒鳴ったら、なんと目の前にいたのは、北海道にいる筈の母・美代で・・・。

 =台風一過のゆくえ=
  台風が残した危機を再び2人で乗り越えた弘と前原。
  会社の仮眠室で一夜を過ごした2人だが、6時だというのに出勤してきた後輩をごまかすため、前原が部屋から出た後、弘にまたもや災難が・・・。
  前原の方も弘の母・美代の置きみやげに仕事が手につかなくなり・・・。


 ご訪問者さまにオススメいただきました。
 ありがとうございました。

 今回は、前原のお手製グッズ弘の両親乱入でとんでもないことになってます。(笑)
 美代さんの置き土産(品物+α)が、とにかく凄くって、前原がパニクってるんですもの。そりゃもう、楽しいのなんのってなかったです。(←鬼?)
 弘がパニクってるのはいつものことなんですが、前原のお手製グッズのお陰で本人は生きた心地がしなかったでしょうね。(笑)
 しかし、こんなものまで作ってしまえる前原、ある意味現実逃避かも。
 楽しみにしていた夏期休暇がつぶれ、忙しさのあまり、こんなものでも作って発散しないと色んなものが紛れなかったのかもしれません。
 能力のムダ使いな気もしないでもないですが、次を期待してしまうのは、私だけでしょうか?(笑)
 そして、製造部の間で話題騒然の謎の言葉『ジュウゴウさん』
 言い出した本人・弘が、目の前のことに一生懸命すぎて『何?』と問う言葉を聞いていないお陰で、『ジュウゴウさん』はひとり歩き
 それに、尾ひれ足ひれついて、『ジュウゴウさん』は別のものに化けちゃってるんです。(笑)
 最後には、どういうものになるのか凄く楽しみで、まさかそこまでいくとは思ってなかったので、笑っちゃいました。
 更に、弘の暴走は前原との間でもいかんなく発揮され、それが功を奏したため、やっとのことで2人の関係にも新展開が見えてきました。

〜こんなものまで作ってしまった前原の言い訳〜

 「もとはといえばおまえがつれないのが悪いんじゃねぇか」
 とか
 「ためしに拘束具作ってみたら、以外に良くできたんではめてみたくなっただけだ」
 とか
 「はめて驚かせたかっただけで終わるつもりが、いきなり腰にきちまったんだ」
 とか
 「おまえもけっこう愉しんでたからいいじゃねぇか」
 とか
 「やっぱり作ったモンは全部使ってみないと」
 とか、

 だそうです。
 さすが、製造部のホープ。やっぱり使ってみないとダメですよね、うん。(エッ!)
 次は、何を作ってくれるのか楽しみにしたいと思います。(爆)



osusumedo_ani.gifpenguin_ani.gif196.gif196.gif196.gif196.gif



小説xxxxx216作品 コミックxxxxx96作品 UP中




続きを読む
posted by 零 at 00:08| Comment(1) | TrackBack(0) | 烏城あきら | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年12月06日

慰安旅行に連れてって! 許可証 2

houmonsha_osusume1.gif


kyokashou_2_b.gif 
タイトル:慰安旅行に連れてって!
     (許可証をください! 2)

著者:烏城あきら
イラスト:文月あつよ
発行:二見書房
レーベル:シャレード文庫
発売日:2004/5/28
価格:600円(税込)

*画像clickで拡大画像が見れます。

 amazon.gif  rakuten.gif  

〜STORY〜
僕は君のために喜美津に呼ばれたんだ。
その責任は絶対取ってもらうからな。

地方の化学薬品工場を舞台に、四大卒のホープ、品証の弘と製造部の若頭、前原が繰り広げる、濃密&おとぼけワーキングデイズ。喜美津化学五年に一度のビッグイベント、慰安旅行の幹事を任された弘だが、工場の排水の水質悪化というアクシデントが重なり、寝る間もないほどの忙しさに追われる。さらには将来のために通信制の大学を受験するよう前原を説得して欲しいと、会社から頼まれごとまでされてしまい・・・。ボリュームたっぷりの書き下ろしつき、好評シリーズ第二弾!

〜ひとりごと〜
 四大卒の変り種×製造部・組長
 ガテン系 同い年 コメディ

 『慰安旅行に連れてって!前・後編』『pleasure trip』の3部構成です。

 =慰安旅行に連れてって!=
  工場排水が排水基準値を超えた。
  市役所から原因究明し、改善できなければ、操業停止と最後通牒とも言える警告をうけてしまった。
  更に間の悪いことに、市役所からの切られた期限と慰安旅行が重なり、弘はその幹事も命じられたことでパニック寸前。
  そして排水汚染を解決する方法は1つ、けれどそれは途方もない労力を要するものだった。
  当然、製造部からは反対の意見が相次いだが、またもや前原が場を治めてくれる。
  そんなこんなで寝る間もほど忙しい弘に、工場長が更にもうひとつ問題を持ってきた。
  弘の活躍で、やはり大卒は使えるということになり、工場部でも来年から大卒を取ろうということになってしまっていたのだ。
  しかし、工場長としては、製造部は前原に担って欲しい、けれど大卒が入ってくれば学歴の差が阻み前原が憂き目を見るのではないかと心配。
 そこで、前原を何とか通信大学に通わせようとしているのだが、前原はそれをヨシとせず、進学を拒んでいる。困った工場長は、前原の説得を弘に頼んできて・・・。

 =pleasure trip=
  排水汚染が起こったことで、改善すべき点が多くみられた。
  このことで弘は、製造部に発破を掛け・・・。
 

 ご訪問者さまにオススメいただきました。
 ありがとうございました。

 今回は、前巻にも増して大問題が起こります。
 そして、皆が一気団結しているところでは、思わず感動してしました。
 正直、大笑いはしてもこんなに感動するとは思わなかったので、その意外性にも感動してしまいました。(笑)

 排水汚染問題を解決できれば慰安旅行、できなければ操業停止の上、慰安旅行も中止。
 なんせ、慰安旅行は5年に1度ビッグイベント、そりゃもうみんな必死です。(笑)
 そして、弘と前原の関係も前原の不用意な発言により、大ピンチです。
 しかも、製造部との会議で自分のふがいなさに落ち込んでいたところに、追い討ちを掛けるような前原の発言に弘は、彼を拒絶してしまうんです。
 ですが、今まで逃げ回っていたのは弘の方だったのに、前原から目も合わせてもらえない状況になって、その辛さが身にしみて分かった弘は、今までの自分の行動を反省すると共に弘の行動も変わるんです。
 「おお!」って感じです。(笑)
 まだ、2人の関係は決定的になってはいないのですが、相変わらず弘を前にすると前原はケダモノ化し、弘も少しずつ変わってきているのでこれからが楽しみです。
 そして、ちゃんと爆笑シーンも用意されていますので、笑って感動して下さい。(笑) 

 果たして排水汚染を解決し、慰安旅行に行けるのか?
 前原の進学問題は?
 そして、気になる弘と前原に進展は?


〜弘をヘコませた前原の不用意な言葉〜
 「現場のことは俺に任せとけばいいんだよ。
  だいたいおまえなんだってあんな会議を開いたんだ?先に俺に言っときゃ中途半端に恥かかずにすんだのによ
  これからは必ず俺に先に言え。製造には製造のやり方ってのがあるからよ、おまえが無理して説得する必要はないんだ」




osusumedo_ani.gifpenguin_ani.gif196.gif196.gif196.gif196.gif



小説xxxxx215作品 コミックxxxxx96作品 UP中




続きを読む
posted by 零 at 00:04| Comment(0) | TrackBack(0) | 烏城あきら | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年12月05日

許可証をください! 1

houmonsha_osusume1.gif


kyokashou_1_b.gif 
タイトル:許可証をください! 1
著者:烏城あきら
イラスト:文月あつよ
発行:二見書房
レーベル:シャレード文庫
発売日:2003/10
価格:600円(税込)

*画像clickで拡大画像が見れます。

 amazon.gif  rakuten.gif  

〜STORY〜
これから喜美津で働いていく
 俺とお前が、
なんで寝ちゃいけないんだ。

中小化学薬品製造業・喜美津化学の品証部に勤務する阿久津弘は初の四大理系卒のホープとして期待されている身。そんな弘が社命でフォークリフトの免許を取ることに。慣れない乗り物の操作に難儀する中、指導係として遣わされてきたのは製造部の若頭・前原健一郎。弘と同い年であるにもかかわらず同僚からの信頼も厚く、独特の迫力と風格を持ったこの男に、弘はとある出来事がきっかけで苦手意識を持っていたのだが、意外にも前原の方は―。それなりに平和な工場ライフを送っていた弘を襲う前代未聞の“男×男”関係、ガテン系濃密ラブ。

〜ひとりごと〜
 四大卒の変り種×製造部・組長
 ガテン系 同い年 コメディ

『許可証をください!』『クレーム受けます!前・後編』『消化訓練デー』の四部構成です。

 =許可証をください!=
  四大卒の阿久津 弘は、何故こんな喜美津(きみつ)化学のような中小企業にと周りが首を傾げるほど、優秀な化学工学の専門家。
  そんな弘だが、倉庫の物を取る時には、フォークリフト歴40年のベテランに手を貸してもらっていた。しかし、そのベテランの三宅が目出度く定年退職を迎えることになり、弘自身が免許を持っていたほうがいいだろうということなった。
  しかし、講習前の手解きをうけることになった弘の前に現れたのは、大の苦手の製造部の組長・前原健一郎だった。
  以前、製造部と一悶着起こしたことから、製造部が苦手さらに目の前の男はもっと苦手だったから、緊張しっぱなし。
  しかし、あまり手入れさていない肌と長時間勤務で無精ひげまで浮いているそれが精悍さを増していて、弘は前原にうっかり見とれてしまっていて・・・。

 =クレーム受けます!前・後編=
  史上最強のクレーマーからのクレームを受け、また、前原とコンビを組み調査することに・・・。
  しかし、弘は前原にされたことから必要以上に意識してしまっていた。
  そんな時、前原が作った見事な配管図を見せられ、心臓を鷲みにされたような衝撃が弘を襲い・・・。

 =消化訓練デー=
  ここの所、弘に避けられっぱなしの前原は、頭に血が上っていた。
  そんな時、社長の気まぐれで消化隊を作り、競技大会に出たいと言い出したことで、弘のいる品質保証部と製造部から人をだすことになった。
  念のため専門家に見てもらい、本格的に競技大会を目指すかどうか決めることになったのだが、専門家としてそこに現れたのは、定年退職したものの色事師と名高い辻本だった。しかもこの辻本は、以前弘のことを「腰が抜けるくらい可愛がってやって…よ」と言い、今も「しばらく会わねぇうちに妙な色気が出てるじゃねぇか、なぁ?」と未だ満更でもない様子。
  焦った前原は、弘に餌をちらつかせ部屋に呼び出したが・・・。


 ご訪問者さまにオススメいただきました。
 ありがとうございました。

 オススメされた時、『ガテン系かぁ。キラキラがないのね〜。』とちょっと残念だったのですが、読み始めるとそんなことを思ったことすらすっかり棚上げし、文字通りお腹を抱えて笑い転げました。それも涙まで浮かべて。(苦笑)
 ここまで笑ったのは、久しぶりでした〜。
 それに、『アクさん』『阿久っちゃん』『おやっさん』などなど、の愛称にも和んじゃいました。(笑)

 弘は、慌てるとパニックに陥ってとんでもないことしちゃうんです。
 その失敗が、おちゃめで爆笑させてくれます。
 弘が表現する前原は「それで褒めてますか?」というものですが、うっかり見とれてしまう程の凛々しさだそうです。(笑)
 そして前原は、弘とのことを一気に進めたいのですが、弘が逃げ回るお陰で中々進まないんです。
 何だかんだ丸めこまれてる、弘ではあるんですけどね。(笑)

 大学の教授たちに惜しまれながらも中小企業に弘が就職した理由は?
 クレームの処理は?
 弘と前原は?




osusumedo_ani.gifpenguin_ani.gif196.gif196.gif196.gif196.gif



小説xxxxx214作品 コミックxxxxx96作品 UP中




続きを読む
posted by 零 at 00:15| Comment(0) | TrackBack(0) | 烏城あきら | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。