2008年08月27日

【媚の椅子】 池 玲文


binoisu_b.gif
タイトル:媚(び)の椅子
著者:池 玲文
発行:リブレ出版
レーベル:SUPER BE×BOY COMICS
発売日:2008/8/10
価格:620円(税込)

*画像clickで拡大画像が見れます。

 amazon.gif      


〜STORY〜

 死んでもかまわない。
 貴方が手に入るなら。

 長く抗争を続けてきた梅崎組と相賀組の手打ち直前。
 相賀組の男が刺された。
 梅崎組若頭・加賦は、犯人を匿っているであろう韮沢を拘束し、苦痛と快楽をその体に施すが一向に口を割る気配がない。
 「惚れてた男に犯されて嬉しいかそれとも俺に振られた腹いせか? 韮沢」
 決して痛みに媚びない韮沢の真意とは? 
 描き下ろしあり。


〜ひとりごと〜を読む
posted by 零 at 21:11| Comment(0) | TrackBack(0) | 池 玲文 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年09月28日

【ひんやり廊下、万華鏡】 池 玲文


hinyarirouka_b.gif
タイトル:ひんやり廊下、万華鏡
著者:池 玲文
発行:リブレ出版
レーベル:SBBC
発売日:2007/8/10
価格:620円(税込)

*画像clickで拡大画像が見れます。

 amazon.gif      
     

〜ひとりごと〜を読む
posted by 零 at 22:16| Comment(0) | TrackBack(0) | 池 玲文 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年01月28日

閑雅なスプーン


kanganaspoon_b.gif
タイトル:閑雅なスプーン(かんが)
著者:池 玲文
発行:ビブロス
レーベル:SBBC
発売日:2006/1/10
価格:600円(税込)

*画像clickで拡大画像が見れます。

 amazon.gif      

〜STORY〜
極上男同士。
義章カスミ――ふたりのセックスが今夜、芸術の域に!!
義章の言葉を借りれば“ヒッピー気取り”なカスミ。学生時代の腐れ縁で義章の部屋に…ベッドに…いたりいなかったり、自由でセクシーな居候である───
本作が2ndとなる池。若くしてBL最高・のデッサン、編集部も畏怖するこの才能の果ては?

〜ひとりごと〜

 =閑雅なスプーン=
  ヒッピー(?)×専務
  ヘタレ攻め

  静かな生活を好む大宮義章(よしあき)の生活は、高校からの腐れ縁、天塚カスミ(あまつか)に狂わされっぱなし、プレステ2がないからとウチに居座ったかと思うと、ふらっと出て行って帰ってこない。
  けれど、二人はベッドを共にする仲でもあった。
  ある日、自宅に戻るとカスミがいない。
  そして3週間たっても戻ってこない。
  あれだけ、カスミの存在を疎ましく思っていたにも関わらず、心配で寂しくてしょうがない義章は、とうとうキレてしまい・・・

 =アップアップU PSIDE DOWN!=
  先輩×後輩 ?
  高校生

  後輩の昇が大好きなアマネは、一緒に帰ろうと迎えに行った教室で、昇のとんでもない話を聞いてしまい・・・

  池先生、デビュー作


 “閑雅なスプーン”
  カスミのファッションといい、義章のキレかたといい、ユカイなお話でした。(笑)
  2人は高校生の時からの腐れ縁なんです。
  義章は一流企業の専務なんですが、カスミの職業を義章は知らないんです。
  そして居座ったと思ったら、ふらっといなくなるカスミのことを、恋人にフラレたら自分のとこにやってきて、新しい恋人が出来たら出て行くと思ってるんです。
  カスミの行動をにゃんこに例えてたのは、まさにそうだな〜と笑っちゃったんですが、義章は気を揉んでます。

  『ふたりのセックスが今夜、芸術の域に!!』って・・・そんなシーンあったっけ?と思い返してみたら、あった、あった!ありました。違う意味での“芸術的なセックス”が・・・。(爆)
  

  カスミの職業とふらっといなくなるのは?
  気を揉む義章の気持ちは?



 “アップアップU PSIDE DOWN!”
  飲酒は20歳になってから!!(笑)
  このお話が始まる直前に飲み会があったという設定らしく、その席で自分のした行動を酔っ払っていてアマネがすっかり忘れているため、2人の会話が噛み合っているようで噛み合っていなく誤解が生じちゃうんですね。
  かわいい高校生のお話なんですが、アマネにとっては予想外な展開の恋のお話でもありました。(笑) 


〜ツボな脇キャラ〜
 青山 淳(あつし)

 アーティストです。
 ショーなんかを手掛けてるのかな?詳しくはあまり分からなかったです。
 義章は、ギャラリーで開かれる個展に行くと言っていて、その個展を手がけたのが青山です。

 カスミを俺のガラテアと呼び、義章を挑発するんですが、義章の逆襲にあってヘコむんですけど、他の自称従順なガラテアに慰められて復活!!(笑)
 楽しそうな人ですし、従順なガラテアの存在も気になるので、この人のお話、読んでみたいな〜と思っちゃいました。v



osusumedo_ani.gifpenguin_ani.gif196.gif196.gif196.gif196.gif



小説xxxxx243作品 コミックxxxxx119作品 UP中
posted by 零 at 00:18| Comment(0) | TrackBack(0) | 池 玲文 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年12月04日

青色契約


aoirokeiyaku_b.gif 
タイトル:青色契約
著者:池 玲文
発行:リブレ出版
レーベル:SBBC
発売日:2006/9/9
価格:円(税込)

*画像clickで拡大画像が見れます。

 amazon.gif    

〜STORY〜
若きパトロンと彼の画家
恋のはじまりは盗難事件。画廊オーナー・安藤は、代表作を奪われ失った青年画家・香川紲熔を囲っている。が、こと芸術に関して行動の読めない紲熔に振り回されがち(笑)。
森の中の古い洋館に二人っきり――、池の画力を堪能できる極限設定。
セックス描写の最前線から密やかに…。

〜ひとりごと〜
 画家×パトロン
 ヘタレ攻め

 二年に一度開催される国際的な美術展“東京ビエンナーレ”20歳そこそこの香川紲熔(かがわ せつよう)の作品が抜擢されたことで話題になったが、安藤は今まで見たこともない鮮烈な青の中にいた紲(せつ)に惹かれた。
 そして安藤は、パトロンに名乗りをあげた・・・。
 5年後、もうじき画家とパトロンの契約が切れる頃、盗難されていた“東京ビエンナーレ”出展の紲の絵が、裏のオークションに出される情報を得た安藤は・・・


 雑誌で1度読んだことはありますが、コミックとして丸々池 玲文先生の作品を読むのは初めてです。

 一冊丸々二人のお話です。
 色んな問題は起こるのですが、おとなしめのuke.gifseme.gifがヘタレ、また紲がアトリエ代わりに使っている森の中の別荘(?)が舞台のため、静かに流れていく感じのお話で今一盛り上がりに欠けたように思います。
 ヘタレ攻めにあまり萌える性質ではないので、そういう風に感じた部分もあると思いますが。
 前半で2人の関係を築きあげ、後半は紲の画家として道を開くために必要なものと不必要なものの選択をしていくという感じでしょうか。
 安藤はヘタレ(しつこくてごめんなさい)なため、結局、逃げる道しか選ぶことができなかったんでしょうね。
 けれど、紲は「…俺が女じゃないって分かってる…?」と言って、安藤に迫るんです。
 おとなしい印象の紲を、そこまで追い込んだ背景はとっても切ないんですけど、「頑張れ、紲!!」とすご〜く応援してしまいました。(笑)

 画も綺麗だと思いますし、お話の流れもスムーズで読み易い作品だったと思います。
 今度は、強気なseme.gifのお話を読んでみたいです。

 契約が切れた二人は?
 何故、安藤は逃げたのか?
 そして紲の画家としての未来は?


〜ツボな脇キャラ〜
 加賦(かぶ)

 ヤクザの幹部だと思います。
 なんせ、チラッとしか出てこなかったので、詳しい設定までは分かりませんでした。なんと珍しことにヒゲ男を気に入っちゃいました。(笑)
 流し目にヤラレたのかもしれません。(爆)



osusumedo_ani.gifpenguin_ani.gif196.gif196.gif196.gif



小説xxxxx213作品 コミックxxxxx96作品 UP中
posted by 零 at 00:17| Comment(0) | TrackBack(0) | 池 玲文 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。