2006年09月04日

焦れたセクシー・リーマンズ


jiretasexy_m.gif 
タイトル:焦れたセクシー・リーマンズ
      (セクシー・リーマンズ 3)
著者:日向 唯稀
イラスト:桜城やや
発行:オークラ出版
レーベル:アクアノベルズ
発売日:2005/12
価格:900円(税込)


     詳細≫Amazon

     詳細≫楽天

     詳細≫bk 1

     詳細≫e BOOK OFF(入荷予約)

〜STORY〜
叔父貴の会社(勝負下着が売りのランジェリーメーカー)再建のため、俺・那智拓巳が提案したもっこりサポーターの売れ行きは上々で、会社の経営は危機を脱した。会社が雇った凄腕CEOの義岡力(超がつくほどの色男)とのセクハラ攻防戦の末、はれて恋人になれてシアワセ噛みしめている俺。今日は、サポーターの市場調査のため海に来たはずが、余所様の股間を見すぎだと怒られ、老舗旅館にて和風オシオキモードに突入。そんな中、またもや会社の運営が危なくなる事件が持ち上がって。

〜ひとりごと〜
 社長の甥×セクハラCEO

 リーマンシリーズ 最終巻です。
 新商品の売り上げも上々で、何とか倒産の危機を免れこれから一気に秋の新作に向けて突っ走るだけ、と思ったらまたもや大問題発生。口座の不正操作が発覚した為、そちらに伺いますと取引銀行から連絡があった!!何と前口座担当者は、伏見社長のセフレで不渡りを出さないように操作してくれていたのだ、その事実が発覚し慌てる伏見社長とCEOの義岡の名前に傷をつけてはいけないと拓巳は、義岡に逃げるように言う。そしてやってきた銀行の担当者は、義岡に恨む安西という男だった。
 銀行の件が、完全に片付かない内に、更なる危機が襲う。そして、2枚目、3枚目の不渡りを出してしまいかねない状況にまで追い込まれた。

 何とか、倒産の危機も免れたようだし、あとは、ライバルにでもなるような人物を投入し、2人の絆をより深めて終わりかな〜と安易に思っていたのですが、とんでもない、次から次へとこれでもかという程の事件が巻き起こり、目が離せなくなります。
 とんでもない状況で、義岡の言葉は力強く、拓巳だけでなく読み手も安心し、また勉強させられることも多かったように思います。
 安西の存在は、もう爆笑としかいいようがないです。リーマンシリーズ最強のお笑い男でした。そして、義岡との対決(?)シーン、この2人は、中学生時代からの知り合いでそれを狙ったのでしょうけど、2人の口調がまるで学生時代に戻ったように見えて楽しかったです。
 お隣のエヴィの社長子息・徳永は、最後まで良いとこなしでかわいそうでしたが、拓巳が何故、徳永に魅かれたのかという義岡の分析にはなるほどと関心しました。(笑)

〜ツボな脇キャラ〜
 前回、徳永の可哀相さに、見送ってしまった花牟礼主任です。
 花牟礼主任の本音というか野望が明らかになったので、是非ともその行く末を読んでみたかったです。

osusumedo_ani.gifpenguin_ani.gif196.gif196.gif196.gif196.gif

hokanosakuhin_b.gif











続きを読む
posted by 零 at 00:03| Comment(0) | TrackBack(0) | 日向唯稀 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年09月03日

乱れるセクシー・リーマンズ


midarerusexy_m.gif 
タイトル:乱れるセクシー・リーマンズ
      (セクシー・リーマンズ 2)
著者:日向唯稀
イラスト:桜城やや
発行:オークラ出版
レーベル:アクアノベルズ
発売日:2004/6/23
価格:900円(税込)


     詳細≫Amazon

     詳細≫楽天

     詳細≫bk 1

     詳細≫e BOOK OFF(入荷予約)

〜STORY〜
潰れそうな叔父貴の会社(花のランジェリーメーカー)が、会社建て直しのために雇った義岡力は、超キレ者で、かなりイイ男で、そしてとんでもないセクハラ野郎だった。社長の甥である俺・那智拓己を、成功報酬の一部として要求してきたんだ。ムカつくのに、恥ずかしいのに、「来い、脱げ、乗れ」と命令されると素直に身体が(実は心も)反応してしまう俺。スイートルーム、社長室、自宅と、あらゆる場所で迫られ、脱がされ、奪われる、フレッシュリーマン・拓己の受難ダイアリー。

〜ひとりごと〜
 社長の甥×セクハラCEO

 “淫らなセクシー・リーマンズ”後編です。
 何とか起死回生の新商品は決まったけれど、形にする作業とショップの棚を確保しなければならない。
 最近流行の“近場DEプチリゾート”クアハウスやスパ、温水プールで人気のリゾート・シティ・クラブの日本本社に飛び込みで営業をかけ運良く社長がその場に居合わせた為、話を聞いてもらえることになったものの何だか逆に接待されておかしな雰囲気になってしまったり、掛かってきた電話に義岡が返している不穏な発言を聞いてしまったりで相変わらず受難の日々の拓己だったが、改めて義岡への想いを確信することにもなる。

 前巻同様、ドタバタしています。
 2巻同時発売ということで、大方の人は2巻一緒に買っているだろうことは想像に難くないにも関わらず、前巻のあらすじをP12にも渡って書かれていてじれったくてしょうがなかったです。(笑)
 しかし、大いに笑わせてもらいました。そして、義岡が喝を入れているシーンでは、その臨場感みたいなのが伝わってくるのかこちらの読むスピードも上がったりなんかしてそういう面では自分にも苦笑させられました。
 仁科部長の啖呵は、相変わらず女前で、ホレボレさせられました〜。(苦笑)
 そして、今回もあっちでもこっちでも押し倒されている拓己の受難は、3巻へと続きます。

 会社を立て直すことができたのか?
 義岡に誤解され、こんがらかった糸はほどけるのか?

〜ツボな脇キャラ〜
 h-s.gifを乱舞させて話す花牟礼真樹人(はなむれまきと)。野暮ったい眼鏡をかけているのは美形を隠すためと密かに噂されている、深窓の美青年ですが、シレっと大胆(天然?)なことをする所がツボでした。その花牟礼や女前な仁科部長も良かったのですが、エヴィの社長子息・徳永が、実は結構イイ人?と思った所で可哀想な目にあっていたので、何とか救済処置をしてあげてほしいなぁと思ってしまったことから、今回は、徳永に。

osusumedo_ani.gifpenguin_ani.gif196.gif196.gif196.gif196.gif

hokanosakuhin_b.gif













続きを読む
posted by 零 at 01:44| Comment(0) | TrackBack(0) | 日向唯稀 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年09月01日

淫らなセクシー・リーマンズ


midaranasexy_m.gif 
タイトル:淫らなセクシー・リーマンズ
      (セクシー・リーマンズ 1)
著者:日向唯稀
イラスト:桜城やや
発行:オークラ出版
レーベル:アクアノベルズ
発売日:2004/6/23
価格:900円(税込)


     詳細≫Amazon

     詳細≫bk 1

     詳細≫e BOOK OFF(入荷予約)

〜STORY〜
25歳にして、ようやく初夜を(ライバル会社の社長令息と)迎えようとしていた俺・那智拓己は、それどころじゃない話を相手から聞かされた。俺も勤める叔父貴の会社、ランジェリーメーカー『ファンタスティックHOUR』が潰れそうだって!?こんなところ(ホテルのスイートルーム)で、こんなこと(色男から求婚)されてる場合じゃない!!叔父貴の会社を早く立て直さなきゃ。会社が命運をかけて雇った敏腕CEOは、見かけも仕事もパーフェクトな色男だったけど―。

〜ひとりごと〜
 社長の甥×セクハラCEO

 ランジェリーメーカー『ファンタスティックHOUR』に勤める那智拓己は、コマシの拓くん(たっくん)とまであだ名されているにも関わらず、25歳の今まで童貞なのはトラウマがあったから。最近では、女よりも男から言い寄られる方が増えている。
 お互い相手の素性も聞かず、3度目に偶然(?)出会った時、雰囲気に流されホテルの部屋まで連れ込まれた相手は、お隣のビル、しかもライバル会社の御曹司・徳永賢児だった。拓己の勤め先は聞いたものの『ファンタスティックHOUR』の社長の甥とまで知らない徳永は、「あの会社は、半年も持たないで倒産する」「自社ビルの改築をするのに邪魔だから買収する」など、ベッドの中の睦言にするにしては暴言の数々を吐きまくる。怒った拓己は、徳永を殴り倒し部屋を飛び出した。
 乱れた服装もそのままにエレベーターに飛び込んだ拓己は、驚く同乗者のうちの一人に同情されサングラスを渡されるが、同情はまっぴらだと付き返そうと顔を上げた拓己は、相手のあまりにも目を惹く容姿(『良くも悪くも“極”な二枚目』)に言葉も息も飲み込んで呆然となってしまった。
 そんな悪夢のような日から数日後、なんとか叔父の会社を立て直そうと意気込む拓己の前にやってきたCEOは、なんとあの『良くも悪くも“極”な二枚目』男だった。しかも、その男・義岡 力(よしおかちから)は、自分のやり方から「“うつむいて逃げ出す”“泣いて飛び出す”なんてことがないよう」などと嫌味をいうばかりか、いきなりキスしてくるセクハラ男で!!

 次巻・『乱れるセクシー・リーマンズ』との同時発売、前後編の前編です。
 会話のテンポの良さが楽しかったです。
 良いとこなしのライバル会社の御曹司・徳永の拓己を評する言葉は、まるでワインを飲んだ後の感想のようで、ベラベラ良く喋る男だな〜と思うと同時に笑わせてもくれました。
 拓己とCEO・義岡との会話というか舌戦も見ものです。
 最初の出会いと叔父の伏見が遊び人でもあることから、拓己のことも遊び人のように思っているフシがあるもんだから、セクハラを仕掛け『スケープゴート』だの「拓己の成果も出してないのにセクハラしてる場合か?」という意味の言葉も成果をだしたら手を出してもいいと自分の都合のいいように解釈して、辛辣な言葉を放つ。言われた方はショックだろうけど、そのあとも義岡の言動も簡単明瞭だし、ここまでハッキリ言ってるのをみると読んでる第3者には、気持ちいいくらいで笑えます。

 会社を立て直す、奇策は?
 拓己は、義岡のセクハラを回避し、脱童貞できるのか?

〜ツボな脇キャラ〜
 “タラシの秀くん”こと拓己の叔父・伏見秀一(ふしみひでかず)。
 自分の趣味まっしぐらで女性用勝負下着を作り続け、しかも、自分好みのタイプのサイズしか作らないというこだわりよう、年齢層をあげたデザインも作れと拓己に言われ、倒れたあげく知恵熱まで出してしまうようなこの人が、新商品開発を機にこっちの世界に転んだらおもしろいな〜と。(鬼?)

osusumedo_ani.gifpenguin_ani.gif196.gif196.gif196.gif196.gif

hokanosakuhin_b.gif











淫らなセクシーリーマンズ ドラマCD
midaranasexy_cd.gif


続きを読む
posted by 零 at 00:32| Comment(0) | TrackBack(0) | 日向唯稀 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。