2006年06月01日

傲慢な龍の檻

goumannaryuu_3_m.gif

タイトル:傲慢な龍の檻
著者:鹿能リコ
イラスト:樹 要
発行:イーストプレス
レーベル:AZ NOVELS
発売日:2006/01/31
価格:893円(税込)

     詳細≫Amazon

     詳細≫bk 1

〜STORY〜
冷静なチャイニーズマフィア、王とアブない関係になってしまった平凡な・・・でも好奇心旺盛すぎる大学生の三枝。しばらく平穏だったそんな二人の日常だが、王が突然逮捕され、またもやトラブルの予感・・・。その上、三枝のバイト先に足しげく通ってくる男、藤川が実は追うを密かにマークしていた刑事だったことから・・・。年の差&ギャップありまくりラヴァーズに天敵出現!ドキドキ★メラメラな束縛愛★書き下ろし

〜ひとりごと〜
 傲慢な龍シリーズ 第3弾です。今回のゲスト出演(笑)は、キャリアの刑事です。逮捕されて、王ピンチです!!
 相変わらず、身の程も弁えず、無理やり首を突っ込んで引っかき回す三枝です。三度目ともなると、「またか、いい加減にしろよ。」と思わなくもないですが、素直な三枝もかわいいので王同様、「しょうがないなあ。(苦笑)」と思ってしまいました。まあ、今回は、誰も傷ついてないからというのもありますが・・・。
 ちょこっとだけ出てくる浩(ハオ)君の素直な反応に王は、少し傷ついてましたが、読んでる方には、子供特有の素直な反応は、笑うしかなかったです。
 小野×楊 カップルですが、小野の野望が打ち砕かれ、楊だけでなく皆なからも非難され、そりゃそうだよと思う反面、小野の落ち込みぶりが・・・ぷっ。(笑)

osusumedo_ani.gifpenguin_ani.gif196.gif196.gif196.gif

hokanosakuhin_b.gif











     詳細≫bk 1
posted by 零 at 00:39| Comment(0) | TrackBack(0) | 鹿能リコ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年05月30日

傲慢な龍のしもべ

goumannaryuu_2.gif

タイトル:傲慢な龍のしもべ
著者:鹿能リコ
イラスト:樹 要
発行:イーストプレス
レーベル:AZ NOVELS
発売日:2004/06/30
価格:893円(税込)

     詳細≫Amazon

     詳細≫bk 1

〜STORY〜
ひょんなことから新宿を仕切る超オレ様な美形チャイニーズマフィア、王の恋人になった大学生の三枝。常に危険がいっぱいの生活を送る王は、向こう見ずな三枝にハラハラしどおしで…。そんなある日、三枝は、王の義理の弟である秘書の小野と、王に絶対服従を誓う部下の楊との秘められた関係を知ることに…。楊を陥れようとする過去の影とは!?大好評「傲慢な龍の帝王」シリーズ第2弾。

〜ひとりごと〜
 傲慢な龍シリーズ 第2弾です。今回のお話は、王の義弟・小野と楊(ヤン)のお話がメインです。この二人の設定に驚きました。なんと、楊の方が、小野よりも年上なんです。そして、次の驚いたのが、楊の言葉遣い、ジジクセ〜。前作で、ホトンド話さなかったので全然気付かなかったのですが・・・。(笑)
 今回もまた三枝のお陰!?で、より最悪の方向に行ってしまいます。(苦笑)まあそのお陰で王達のカッコよさが引き立っているというか、名誉回復しているのでヨシとしますか。(笑)楊が王の元に来た経緯のお話もあります。楊だけでなく小野にも辛い過去があり、あのいつも笑顔の裏にあるものも見えてきます。

osusumedo_ani.gifpenguin_ani.gif196.gif196.gif196.gif

hokanosakuhin_b.gif











     詳細≫bk 1
posted by 零 at 00:57| Comment(0) | TrackBack(0) | 鹿能リコ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年05月29日

傲慢な龍の帝王

goumannaryuu_1.gif

タイトル:傲慢な龍の帝王
著者:鹿能リコ
イラスト:樹 要
発行:イーストプレス
レーベル:AZ NOVELS
発売日:2004/06/30
価格:893円(税込)

     詳細≫Amazon

     詳細≫bk 1

〜STORY〜
バイト先の喫茶店で偶然拾ったコインロッカーの鍵―。ちょっとした悪戯心からそのロッカーを開けてしまった大学生の三枝は、盗まれた翡翠の置物をめぐる中国系マフィア同士の抗争に巻き込まれてしまい…。超オレ様な美しきマフィアの顔役・王から、めくるめく快楽の拷問を受けるハメに陥った三枝…もはや平和な日常には戻れないのか…!?ハラハラありラブありのエロティック・アクション書き下ろし。

〜ひとりごと〜
 大学生と新宿 華僑の顔役とのお話です。三枝は、危機感0ですが、人を思いやれる優しい子で、たぶん声フェチ。(笑)そして、王(ワン)は以外と几帳面(三枝の脱いだ服をせっせと畳んでいます。苦笑)で、独占欲が強いと言えばまだマシですが、ヤキモチ焼きのタイトル通り傲慢な人です。
 前半は、三枝ひとりのシーンが多いせいか、ちょっと退屈でしたが、後半はどんどん話が進んでいくので楽しかったです。私としては、身勝手に行動したあげく、人に迷惑掛ける受けってあまり好きじゃないんですけど、三枝は、素直にきちんとごめんなさいを言える人だったのでそこそこ好印象でした。王の方も言葉や態度にヤキモチ焼きの顔がチラチラ見えるので、「ん〜」と思いましたが、周りがつっこんでその部分が強調されていないので、目を潰れる範囲内でした。そして、やっぱり気になるのが脇役の楊(ヤン)。この人のお話は是非とも読んでみたいです。(笑)

osusumedo_ani.gifpenguin_ani.gif196.gif196.gif196.gif

hokanosakuhin_b.gif











     詳細≫bk 1
posted by 零 at 01:22| Comment(0) | TrackBack(0) | 鹿能リコ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。