2008年11月10日

【心臓に甘い牙】
 バーバラ片桐 ill:北上れん


sinzouniamai_b.gif
タイトル:心臓に甘い牙
著者:バーバラ片桐
イラスト:北上れん
発行:幻冬舎コミックス
レーベル:リンクスロマンス
発売日:2008/8/29
価格:898円(税込)

*画像clickで拡大画像が見れます。

 amazon.gif      


 《携帯電話からは》
 Amazon  楽天


 kouhyou_story.gif
 *本館の方に飛びます

〜ひとりごと〜を読む
posted by 零 at 21:20| Comment(0) | TrackBack(0) | バーバラ片桐 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年10月02日

【囚われた極東の華】
 バーバラ片桐 ill:朝南かつみ


torawaretakyokutounohana.jpg
タイトル:囚われた極東の華
著者:バーバラ片桐
イラスト:朝南かつみ
発行:ワンツーマガジン社
レーベル:アルルノベルス
発売日:2008/9/25
価格:900円(税込)

*画像clickで拡大画像が見れます。

 amazon.gif      


 kouhyou_story.gif

〜ひとりごと〜を読む
posted by 零 at 22:00| Comment(0) | TrackBack(0) | バーバラ片桐 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年09月13日

【将校の濡れた純潔】
 バーバラ片桐 ill:みなみ恵夢


shoukounonureta_b.gif
タイトル:将校の濡れた純潔
著者:バーバラ片桐
イラスト:みなみ恵夢
発行:アスキー・メディアワークス
レーベル:B-PRINCE文庫
発売日:2008/9/6
価格:672円(税込)

*画像clickで拡大画像が見れます。

 amazon.gif      


 kouhyou_story.gif

〜ひとりごと〜を読む
posted by 零 at 22:36| Comment(0) | TrackBack(0) | バーバラ片桐 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年08月15日

【愛炎の檻】 バーバラ片桐 ill:奈良千春


aiennoori_b.gif
タイトル:愛炎の檻
著者:バーバラ片桐
イラスト:奈良千春
発行:竹書房
レーベル:ラヴァーズ文庫
発売日:2008/7/25
価格:600円(税込)

*画像clickで拡大画像が見れます。

 amazon.gif      


 kouhyou_story.gif

〜ひとりごと〜を読む
posted by 零 at 00:49| Comment(2) | TrackBack(1) | バーバラ片桐 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年07月02日

【虎狼は愛に餓えて】
 バーバラ片桐 ill:藤井咲耶


korou_b.gif
タイトル:虎狼は愛に餓(かつ)えて
著者:バーバラ片桐
イラスト:藤井咲耶
発行:ワンツーマガジン社
レーベル:アルルノベルス
発売日:2008/6/23
価格:900円(税込)

*画像clickで拡大画像が見れます。

 amazon.gif      


 kouhyou_story.gif

〜ひとりごと〜を読む
posted by 零 at 22:26| Comment(0) | TrackBack(0) | バーバラ片桐 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年06月25日

【恋獄の囚人】
 バーバラ片桐 ill:水名瀬雅良


rengokunoshuujin_b.gif
タイトル:恋獄の囚人
著者:バーバラ片桐
イラスト:水名瀬雅良
発行:白泉社
レーベル:花丸文庫 BLACK
発売日:2008/6/19
価格:710円(税込)

*画像clickで拡大画像が見れます。

 amazon.gif      


 kouhyou_story.gif

〜ひとりごと〜を読む
posted by 零 at 23:09| Comment(0) | TrackBack(0) | バーバラ片桐 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年01月16日

【ボディガードは氷花を抱く】
 バーバラ片桐 ill:海老原由里


bodyguardhahyouka_b.gif
タイトル:ボディガードは氷花を抱く
著者:バーバラ片桐
イラスト:海老原由里
発行:ワンツーマガジン社
レーベル:アルルノベルス
発売日:2007/12/下
価格:900円(税込)

*画像clickで拡大画像が見れます。

 amazon.gif    
     


 kouhyou_story.gif

〜ひとりごと〜を読む
posted by 零 at 01:05| Comment(0) | TrackBack(0) | バーバラ片桐 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年08月21日

【純潔を闇色に染めて】
 バーバラ片桐 ill:藤井咲耶


junketuwoyamiironi_b.gif
タイトル:純潔を闇色に染めて
著者:バーバラ片桐
イラスト:藤井咲耶
発行:ワンツーマガジン社
レーベル:アルルノベルズ
発売日:2007/7/26
価格:900円(税込)

*画像clickで拡大画像が見れます。

 amazon.gif    
     


 kouhyou_story.gif

〜ひとりごと〜を読む
posted by 零 at 22:46| Comment(0) | TrackBack(0) | バーバラ片桐 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年07月09日

【夜に堕ちる執事の純情】
 バーバラ片桐 ill:高座 朗


yoruniotiru_b.jpg
タイトル:夜に堕ちる執事の純情
著者:バーバラ片桐
イラスト:高座 朗
発行:幻冬舎コミックス
レーベル:リンクスロマンス
発売日:2007/6/29
価格:898円(税込)

*画像clickで拡大画像が見れます。

 amazon.gif    
     


kouhyou_story.gif

〜ひとりごと〜を読む
posted by 零 at 22:12| Comment(0) | TrackBack(0) | バーバラ片桐 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年06月03日

【絶対者に奪われて】
 バーバラ片桐 ill:海老原由里


zettaishaniubawarete_b.gif
タイトル:絶対者に奪われて
著者:バーバラ片桐
イラスト:海老原由里
発行:ワンツーマガジン社
レーベル:アルルノベルス
発売日:2007/5/26
価格:900円(税込)

*画像clickで拡大画像が見れます。

 amazon.gif    
     


kouhyou_story.gif

〜ひとりごと〜を読む
posted by 零 at 22:55| Comment(0) | TrackBack(0) | バーバラ片桐 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年05月25日

【札束は愛を誓う】 バーバラ片桐 ill:海老原由里


satutabahaaiwo_b.gif
タイトル:札束は愛を誓う
著者:バーバラ片桐
イラスト:海老原由里
発行:リブレ出版
レーベル:BBN
発売日:2007/5/16
価格:893円(税込)

*画像clickで拡大画像が見れます。

 amazon.gif    
     


kouhyou_story.gif

〜ひとりごと〜を読む
posted by 零 at 22:08| Comment(0) | TrackBack(0) | バーバラ片桐 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年05月19日

【華麗なる香主、愛の誤算】
 バーバラ片桐 ill:桜城やや


kareinarushanshu_b.gif
タイトル:華麗なる香主、愛の誤算
著者:バーバラ片桐
イラスト:桜城やや
発行:プランタン出版
レーベル:プラチナ文庫
発売日:2007/5/10
価格:580円(税込)

*画像clickで拡大画像が見れます。

 amazon.gif    
     


kouhyou_story.gif

〜ひとりごと〜を読む
posted by 零 at 00:51| Comment(0) | TrackBack(0) | バーバラ片桐 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年03月11日

【軍服の劣情に堕ちて】  バーバラ片桐


gunpukunorenjou_b.jpg
タイトル:軍服の劣情に堕ちて
著者:バーバラ片桐
イラスト:朝南かつみ
発行:ワンツーマガジン社
レーベル:アルルノベルズ
発売日:2007/2/下
価格:900円(税込)

*画像clickで拡大画像が見れます。

 amazon.gif    
     

〜STORY〜
私に屈服したら、もっと気持ちよくしてあげますよ。
華族出身で陸軍きっての美貌の持ち主・花房俊香大尉はスパイ容疑で囚われの身となる。『青い薔薇(ブルーローズ)』というコードネームが花房だと上官の栗原中佐が証言。独房で部下から淫らな拷問を受け、そこにかつての忠実な部下・インテリでどこか影のある牧野中尉がやってくる。花房は助けがきたと喜ぶが、牧野は口を割らせにきたと手錠で拘束し、花房の身体に淫らな拷問を与え陵辱する。花房は屈辱と快感の渦に巻き込まれそうになっていくが…!?

〜ひとりごと〜
 伯爵家・嫡子×元副官
 ツンデレ 身分の差 下克上

 陸軍中隊長で伯爵家の嫡子・花房俊香(はなぶさ としか)は、上官・栗原中佐の裏切りに合い憲兵にスパイ容疑で逮捕されてしまう。
 陸軍きっての美貌の持ち主で言い寄ってくる人物をこれ以上付きまとわれないよう容赦なく振り、また上司にお世辞のひとつも言えない花房は誰にも救ってもらえず、拷問を受けていた。
 しかし、捕らえられて四日目、元副官の牧野季隆(ひでたか)が現れたことでやっと自分を救ってくれる人物が現れたと思ったのだが、彼は花房を尋問するためにやってきたのだった。
 そして、「あなたの口を開かせるためなら、殺さない限りは何をしてもいいと、許可されています」と牧野は言い、花房は淫らな拷問を受けることになり・・・。


 昭和初期のお話です。
 上官に嵌められ、スパイ容疑を掛けられた花房と、彼を尋問するために現れた元副官とのお話です。

 花房を嵌めた上官も実は彼に懸想していて、それを「性欲がおたまりのようですから、私の馬を貸しましょうか」と人がいる前でこっぴどく振っちゃったんですよ。
 そしてそれが仇となり、花房もスパイで自分の仲間だと憲兵にありもしないことを証言され、容疑が晴れなければ銃殺されるという代償を払わせられようとしてるんです。
 上官の逆恨みと言えば逆恨みなんですが、人前でそんなこと言われたら愛情が憎しみに変わってもしょうがないですよね。
 もう少し上手く立ち回ることができれば、こんな目に合わなかったと本人も後悔はしているんですよ。一応は。
 でもやっぱり、花房は花房なようで不器用な生き方は、苦笑すると共にかわいいな〜と思っちゃいました。(笑)

 両親との確執から、楽になるために屈することもできない花房なんですが、子供の頃のトラウマもあり、簡単に被虐に悦ぶ体に作り上げられてしまい、牧村に屈服してしまうんですよ。
 けど、その屈服の仕方は、花房らしくて可笑しかったです。

 そして、そんな牧野ですが、彼は陸軍省にいたにも関わらず、かつての上官を尋問する役を担って現れるんです。
 そして「あなたの口を開かせるためなら、殺さない限りは何をしてもいいと、許可されています」と言い、憲兵のいる前で花房を辱めるんです。
 それだけでも『うわ〜っ』て感じなんですが、牧野は花房に被虐の悦びを植えつけていくんです。
 でも、それ程酷いことはしてませんので安心(?)してください。(苦笑)
 それにイラストが綺麗なので、より淫靡さは醸し出されていても、下品になっていないのでむふむふでした。(笑)
 しかし、この二人、一度もベッドやお布団の上で致してないんですよ。
 それは、花房を辱めるためなのか、果たして牧野が寝室まで我慢できなかったからか・・・考えたら恥ずかしくなっちゃいました〜。(爆)
 牧野はムッツリスケベです、きっと。(笑)
 そしてこの牧野、まだまだ秘密を抱えています。

 うるうるさせられるシーンもあり、凄く良かったのですが、欲を言えば最後が駆け足すぎたのでそこだけ残念でした。


 花房は、容疑を晴らすことができるのか?
 牧野は、敵か?味方か?

 


〜実は花房は天然?〜

 その美貌と生真面目そうな態度からは、想像できないことを呟いていて張り詰めた空気を和ませてくれてました。(笑)

 『腹が立ってきた。牧野は敵だと判断することに決める』

 『花房はへそを曲げる』

 『――変なの』

 『――いや。見たくないし』




 〜代弁?それとも…〜

 「あなたの存在は毒です。あなたに恋などしても、つれないあなた相手に成就するはずなどないのに、そのくせあなたは毒をふりまいてやまない。栗原中佐もあなたに囚われた一人でしょう。あなたの美しさは、人々の憎悪すら掻きたてる。愛しく思いながら、自分のものにならないあなたを、地獄に引きずり落としたい気分にさせるような、あやしい美しさだ。その証拠に、栗原中佐は自分が助からないと悟ったとき、あなたを地獄の道連れとして選んだでしょう」



osusumedo_ani.gifpenguin_ani.gif196.gif196.gif196.gif196.gif196.gif



小説xxxxx269作品 コミックxxxxx131作品 UP中




続きを読む
posted by 零 at 00:32| Comment(0) | TrackBack(0) | バーバラ片桐 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年01月20日

いけにえの華族


ikenienokazoku_b.gif
タイトル:いけにえの華族
著者:バーバラ片桐
イラスト:門地かおり
発行:プランタン出版
レーベル:プラチナ文庫
発売日:2006/1/12
価格:580円(税込)

*画像clickで拡大画像が見れます。

 amazon.gif         

〜STORY〜
心までも、調教されていく──
「矜恃など捨て、快感に従順な性奴となれ」まとうのを許されるのは緋襦袢のみ。体奥に淫具を埋めこまれたまま縛られ、男を悦ばす身体に調教される──。軍人の久嗣に買われた華族の光亨は、自分が、捧げ物として利用されるために仕込まれていると知り、恥辱には屈しまいとする。しかし、責めなぶられた夜、夢うつつに与えられる久嗣の優しい口づけに戸惑う。いつしか、心までも囚われていたのだろうか。光亨を逃がそうとする久嗣に、彼の役に立ちたいという思いが込み上げてきて…。

〜ひとりごと〜
 伯爵家・次男×陸軍近衛騎馬連隊・大尉
 調教 下克上 年の差

 父の代になり急速に傾いていった真城家(ましろ)に、更に追い討ちをかけるように、父を騙した者達により詐欺を働かれてしまった。
 その詐欺被害の弁償をしなければ、獄に繋がれることになってしまった父は、保身のために息子・光享(みつゆき)を自身が一番毛嫌いしていた成金の家に売った。
 兄が戦死し、没落してしまったとは言え、自分が真城伯爵家の跡取りだと信じていた光享は、ショックを隠せなかった。
 引き取られた船成金・南条家に、何も知らずやってきた光享は、家令や女中たちが口にする「久嗣からのご命令」という言葉に、華族の自分に『命令』とは何事だと激昂しながらも、華族の子弟としての誇りを失うまいと毅然とした態度を取ろうしていた。
 しかし、風呂上りにサロンから雇われてきたという女性たちに体を磨き上げられ、あげく緋襦袢を着せられ、怒りが限界を超えてしまう。
 その騒ぎの最中現れた久嗣に、「おまえは俺が買った」と告げられ、ショックのあまり呆然としてしまう。
 更には、「俺がおまえを買ったのは、華族様の気高い血のためではない。その美しい顔と、身体さえあればいい。おまえはこの身体で、男を喜ばせる性奴となれ」とまで言い放たれ、初めてこの家に引き取られてきた意味を知った光享は、パニック状態に陥る。
 激しく拒絶する光享に、久嗣は賭けを持ちかけるが、その内容は「性器に触れず、射精させることができたら、おとなしく俺のものになれ」と言うものだった。
 無垢だった光享は、そんなことが出来るわけがないと高をくくり、承諾するが・・・。


 「調教しているのに、純愛ラブラブです」バーバラ先生談
 「本当にエロが書きたいのですね。(ため息)」担当編集者さん談
 そんな作品です。(爆)
 確かに、調教ものですので、H度は高いですし多いですが、うるうるさせられた作品でもありました。
 まさか、バーバラ先生の作品で、ここまでうるうるさせられるとは思いませんでした。(←すっごい失礼ですよね。ごめんなさい。)

 割と早いうちから、光享自身は気付いてないものの久嗣に恋心を抱いていたように思います。
 けどね〜、久嗣の態度の一体どこに魅かれるものがあったんだろうか?と思うほど冷たい態度なんですよ。
 三郎から聞く久嗣の話とのギャップ?それとも、容姿『顔のイイ人は、何をしても許されるから得だな〜』と思ったりもしてたんですね。(笑)
 これは、久嗣本人にも自覚があり、認めてたので『やっぱり、自覚はあったのね』と笑ってしまいました。
 けれどひょっとしたらと思ったのが、光享は、華族ということにプライドを持ち、今までは誰も光享に命令する者がいなかったのにと、散々憤ってるんですよ。
 だから、Mとまではいかなくても、支配されることに悦びを覚えてしまったのか?と俗なことを思ってました。(爆)
 そう思っちゃう位、前半の久嗣は心も見れてこないし、冷淡なんです。
 読まれた方は、どう感じられたでしょうか?(笑)

 終盤になって、漸く久嗣の思いと狙いが見えてきます。
 そして、大事にしてきた思い出もありました。
 ただ、平民の男が、相手が没落してしまったことをいいことに好き勝手するというお話ではなく、久嗣が光享を大金を投じてまで引き取り、手間隙かけて調教しているのには、捧げ物ということだけではない訳がありました。
 そこを書いてしまうと、つまんなくなってしまう可能性が高いので書きません。楽しみにして読んでくださいね。(笑)
 しかし、そのことが引き金となって、今まで身体だけの繋がりしかなかった2人の関係に、変化が訪れるんです。
 今までは、実家のことを持ち出され脅されて言うことを聞かされていたとしても、華族としての矜持を捨てることなく「おまえの思うがままにされるぐらいなら、死んでやる!」と言っていた光享が、その態度を一変させるものでもありました。
 その思いを分かってもらおうと試みたことも、久嗣には届かないんです。
 けれど、久嗣には久嗣の葛藤があったんです。


 久嗣の思いと狙いは?
 そして、久嗣が大事にしてきた思い出とは?
 光享が態度を一変させてまで試みたこととは?


〜ツボな脇キャラ〜
 三郎

 下働きの少年です。
 とっても、純粋な少年です。
 元々は、陸軍で馬の世話をしていたのですが、どうしても馬が怖くて、いつも馬に蹴られて怪我ばかりしていたのですが、見かねた久嗣に拾われた少年です。
 光享の世話係になったのですが、献身的に面倒を見ようとしていた可愛い子です。



osusumedo_ani.gifpenguin_ani.gif196.gif196.gif196.gif196.gif196.gif



小説xxxxx240作品 コミックxxxxx117作品 UP中




続きを読む
posted by 零 at 00:26| Comment(2) | TrackBack(0) | バーバラ片桐 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年12月03日

恥辱の檻


chijokuori_b.gif 
タイトル:恥辱の檻
著者:バーバラ片桐
イラスト:高座 朗
発行:幻冬舎
レーベル:リンクスロマンス
発売日:2006/11/30
価格:898円(税込)

*画像clickで拡大画像が見れます。

 amazon.gif  rakuten.gif  bk1.gif

〜STORY〜
中だけでイクなんて――まるで女だ
俺なしでは、いられない身体にしてやる――。ヤクザの勝巳に監禁された、財務省キャリア官僚・玲志の運命は!?
財務省にキャリア官僚として勤務する有村玲志は、上司の葬式で大学時代の親友だった武内勝巳と五年ぶりに再会する。暴力団の大幹部となった勝巳が現れ身の回りに不審な出来事が続いていた玲志は、上司の死に疑問を抱く。そんな折、亡くなった上司から届いた手紙によって、極秘計画の存在を知る。計画を告発しようと考えた玲志だったが、揉み消しを諮る勝巳に監禁されてしまう。協力を拒んだ玲志は勝巳に陵辱され、次第に被虐の悦びに堕ちていき――。

〜ひとりごと〜
 官僚×ヤクザ
 監禁調教 同級生

 『恥辱の檻』と続編『恥辱の罠』の二部構成です。

 =恥辱の檻=
 財務省キャリア官僚・有村玲志(ありむら れいし)の上司が亡くなった。
 その直前、遺書めいた言葉を受け取っていた玲志は、『どうして自分はもっと深く踏み込んで聞き出さなかったんだ』とひたすら悔やみ続けていた。
 ようやく通夜が開かれ、その受付をしていた玲志の前に東大で一緒だった武内勝巳(たけうち かつみ)が立った。
 勝巳は政臥会(せいがかい)組長の嫡子で、現在は幹部。しかし、そのことを卒業してから知人に知らされ、親友だった筈の自分がそのことを知らなかったことにショックを受けていた。しかし、財務省に勤務する玲志と現在は政臥会の幹部になっている勝巳とは立場が違いすぎ、玲志の首を絞めるかもしれない間柄に2人は疎遠になってしまっていた。
 その勝巳は、警戒も露にする玲志に亡くなった上司が隠し持つという書類の在り処を聞いてきた。
 「知らない」と答える玲志だったが、その後、書類を探す者たちに襲われる。
 だがその翌日、玲志の元に一通の手紙が届く。それは、亡くなった上司からのもので、勝巳が尋ねた書類の隠し場所が記されたものだった。
 その書類にはとてつもない陰謀が記されており、それを阻もうと行動した玲志だったが、またもや襲われてしまう。
 そして意識を取り戻した玲志の目の前にいたのは、かつての親友・勝巳だった。
 再度、書類の在り処を訊ねる勝巳に不信感を拭えない玲志は、口を閉ざしたまま言うことを拒む。
 拷問してでも白状させると、玲志は監禁され陵辱を受け続ける。
 しかし、勝巳の女にされ支配されているのだと認識した途端、体は悦びを覚え始め・・・。

 =恥辱の罠=
 政治家・坂口の秘書として財務省から出向することになった玲志だったが、クリーンなイメージの裏に別の顔があるように感じてしまう。
 その顔をあぶりだそうと仕掛けた途端、向こうからも罠を仕掛けられて・・・。


 事件解決よりも監禁調教がメインのお話なのでH度高めです。
 先生もノリノリだったようで、その興奮はあとがきからも伝わってきました。(笑)

 玲志と勝巳は、学生時代にも危うい雰囲気になりかけたことがあったんです。
 キスまでですけど、けれど「されたかったんだろ、こんなふうに」「本気の覚悟があるなら、もう一歩踏み出してみろ」と言われ、『彼に従属することを潔しとしなかった』という玲志は、何もなかったかのようにその後も過ごし卒業するんです。
 勝巳としては、玲志の夢を知っていたし、自分の背景もあったからこその言葉だったんでしょうね。ですね。(笑)
 書類や監禁されている今の状況があるので、玲志も信じたいとほだされそうになりながらも「許さない」勝巳のことを拒み続けるんです。
 ですが、勝巳が顔を見せない日が続くと『顔をあわせたくないが、放っておかれると腹が立ち、物足りなさを感じる』と思ってしまうんです。
 意地になっているだけで、既に勝巳に堕とされてますね。(笑)
 ですので、続編の『恥辱の罠』では、玲志も甘えてみせたり、勝巳は鼻の下伸ばし気味で結構ハードなSTORYながら、甘々というよりバカップル?という感じでした。(笑)

 隠された書類とは?
 勝巳は敵?、それとも味方?
 政治家・坂口から仕掛けられ罠とは?


〜玲志の変化とテクニシャンな勝巳?〜

 「おまえなど信じない。最悪だ。地獄に堕ちろ!」

 『――堕としてくれ 今までの自分とは違う存在になる。勝巳の『女』にされる。被虐の陶酔に、神経が焼き切れそうになっていた。』


 「射精する姿を全部見てやる。おまえのイクときの顔や息づかいまで余すことなく全部。――イク瞬間にすぼまったおまえの中に突き入れてやるよ。きつい締めつけにあいながら、おまえの中に射精してやる」
  (この言葉だけで玲志と絶頂に導いてしまいます。)



osusumedo_ani.gifpenguin_ani.gif196.gif196.gif196.gif196.gif



小説xxxxx213作品 コミックxxxxx95作品 UP中




続きを読む
posted by 零 at 00:57| Comment(0) | TrackBack(0) | バーバラ片桐 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年11月02日

十字架の愛罪


juujikanoaizai_b.gif 
タイトル:十字架の愛罪
著者:バーバラ片桐
イラスト:明神 翼
発行:プランタン出版
レーベル:f-LAPIS
発売日:2006/10/30
価格:560円(税込)

*画像clickで拡大画像が見れます。

 amazon.gif  rakuten.gif  bk1.gif

〜STORY〜
淫らな性器をなぶって背徳の証を搾り取って…
継いだばかりの教会を守るために、神父・令毅は、ヤクザのような男・伊沢からの要求を呑んでしまった。「神父よりも、娼婦になったほうがいいと思わせてやる」神聖なる十字架に括りつけられ、伊沢にされるがまま醜態をさらしてしまった。それ以後、毎晩のように蹂躙され、冒涜の限りを尽くされる。だが、ふとした拍子にみせる伊沢の態度が、令毅にとって『憎むべき相手』としてではなく、なぜか曖昧な気持ちを抱かせる――。

〜ひとりごと〜
 神父×???
 ツンデレ

 クリスマスの夜、教会の前に「ここで待ってろ」と言われ置き去りにされた令毅(れいき)。
 その言葉と毎年クリスマスに令毅あてに送られてくるプレゼント。それを心の支えに生き、育ててくれた篠崎教会の神父を見習うように神父になった。
 その育ての親とも言える神父が亡くなり、莫大な借金とともに教会を継ぐことになってしまった令毅は、気丈に取り立て屋と渡り合おうとする。
 一触即発の場を取り立て屋の上役のような男が治め、令毅を助けてくれたように見えたが、返済期限を延ばす代償として体を差し出すように言われ戸惑う。
 しかし、どうしても教会を潰したくない令毅は、その男・伊沢の要求を呑んでしまう。
 主に全てを捧げた身でありながら、施される手管に徐々に溺れ始める体を忌まわしく思い、伊沢を憎もうとするのだが、彼の触れる手、抱きしめる腕の温もりに自分がずっと求めてきたものだと感じ愕然とする。
 そして伊沢の優しい腕の意味、彼の心を知りたくなる令毅だったが・・・。

 今まで読んだ、どの神父とも違う令毅に、バーバラ先生らしさ感じ、ニヤリとさせられました。(笑)

 神父らしからぬ暴言の数々、『地獄に堕ちろ』『おまえ』呼ばわりに、『極悪人』を、投げつけてます。(笑)
 ですが、不快には感じず、寧ろ変に取り繕われるよりもその人間らしさは小気味いい程でした。(笑)
 令毅が出した最後の決断も今までにない潔さで、『きっと皆分かってくれるよ』と応援したくなりました。
 そして伊沢。本人は、好意からの行動のつもりでも、醸し出される雰囲気と表情からいつも勘違いされ、悪人扱いされる。そう感じるのは、令毅も同じなのですが、それに対して伊沢は『素直に好意を受け取ろうとしない』と心の中でグチり、やさぐれながらも諦観しています。(笑)
 しか〜し、やっぱりその言動は、どう見ても『伊沢さんその態度と口調では、イヤミには聞こえても好意には受け取れないです。』と言いたくなるものでした。(笑)
 ですが、こうなってしまうには原因があり、それを考えると仕方のないようにも感じるし、そうしか出来ない伊沢には悲しみを感じました。

 借金を完済することが出来るのか?
 教会に令毅を置き去りにしたのは?
 クリスマスプレゼントの送り主は?
 伊沢の腕の温もりの意味は?



osusumedo_ani.gifpenguin_ani.gif196.gif196.gif196.gif196.gif



小説xxxxx189作品 コミックxxxxx86作品 UP中

続きを読む
posted by 零 at 00:23| Comment(0) | TrackBack(0) | バーバラ片桐 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年08月29日

絶対者に囚われて


zettaishanitorawarete_m.gif 
タイトル:絶対者に囚われて
著者:バーバラ片桐
イラスト:海老原由里
発行:ワンツーマガジン社
レーベル:アルルノベルス
発売日:2006/8/24
価格:900円(税込)


     詳細≫Amazon

     詳細≫楽天

     詳細≫bk 1

〜STORY〜
──憎しみを教えてやろう
「憎しみを教えてやろう」神城組組長の葬儀で、美貌を青ざめさせた神城友那は喪主を務めていた。家族の復讐を誓う友那の前に、元組員・宮脇本俊が巨大勢力西井組組長となって現れる。しかし助けを求める友那に本俊が出した条件は「友那を捧げること」。そして与えられるヤクザの本性を剥き出しにした陵辱に、友那はあらがえない快楽へ堕とされ……!?

〜ひとりごと〜
 下克上+年の差+監禁調教。
 神城組の組長の次男でありながら、ヤクザが苦手な神城友那(かみしろゆうな)は、実家と関係ない生活を送るため、地方の国立大学に通い一人暮らしをしていた。
 そんな友那が、久々に実家に戻ることになったのは、両親と兄の葬儀の為だった。
 通夜後、対立する組・篠懸会(すずかけかい)の仕業だと色めきたつ組員たちに「弔い合戦をする気はない。ただし、篠懸会が事故を仕組んだという証拠が手に入ったら、そのかぎりではない」と諌めたものの友那は、単身篠懸会に乗り込もうしていた。
 爆発しそうな感情のまま飛び出してきた友那にぶつかった相手、それは友那が12歳の時神城組を破門になった宮脇本俊(もとみね)だった。
 渋谷・港・新宿区を縄張りにもつ西本組、そこの組長になっていた本俊は、友那のしようとしていることを悟り、「仕返しするために、命でも投げ出すか」「あなたに足りないものは憎しみだ。憎しみを教えてやろう」と言い放ち、友那を犯す。
 体を差し出すことを条件に事件の真相を解明すると約束した本俊だったが、神城組の処遇を断りもなく決めてしまった本俊に友那は不信感を抱くようになる。
 けれどそれとは逆に、陵辱の限りをつくされながらも、時折見せる本俊の指の優しさに信じたい気持ちを捨てられなくて・・・。

 小気味いいほどむちゃくちゃされちゃってます。(苦笑)

 篠懸会に乗り込もうとしている時でさえ、迷いがあった。復讐するには、憎しみが足りないって陵辱する。憎しみを植えつける相手も違うし、そんなことする前にハッキリ「お前には無理だ」って鼻ででも笑ってやって(笑)スナイパー雇ってあげた方が、よっぽど現実的なような気が・・・、いえ、それは、口実だって分かってはいるんですけど、両親と兄が亡くなり、信じていた本俊に裏切られた気持ちでいっぱいの友那は、自分の体が変わっていくのも認められず、心が壊れることを望み続けているだけに、ちょっとツッコミを入れたくなりました。(笑)
 本人ものちのち気づいてはいますが、考えなくても分かるようなことでも追い詰められた状況下では、気づけなくなるんだと思うと友那の悲しみが深いことが伝わってきます。
 色んな想いを心の底にしまいこんだ本俊は、押さえ込んだ想いを吐き出すように、友那に陵辱の限りをつくしています。小さい子が、相手の気を引きたくていじめているようで、かわいいと言えばかわいいのですが、やってることが大人だけに少々ハードです。(苦笑)

 あとがきのバーバラ先生による“年の差カップルの定義”おかしかった〜。

 本俊の神城組破門の原因と、今の行動の理由は?
 友那は、復讐を実行するのでしょうか?

osusumedo_ani.gifpenguin_ani.gif196.gif196.gif196.gif196.gif

hokanosakuhin_b.gif











続きを読む
posted by 零 at 00:21| Comment(0) | TrackBack(0) | バーバラ片桐 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年07月28日

札束のベッドで眠れ

satutaba.gif

タイトル:札束のベッドで眠れ
著者:バーバラ片桐
イラスト:藤井咲耶
発行:ビブロス
レーベル:SLASH
発売日:2006/02/17
価格:893円(税込)

     詳細≫Amazon

     詳細≫bk 1

〜STORY〜
ぐしょぐしょに濡れてるぜ。
 触らないから、ここだけでイッてみな

誰もが振り返る美貌の持ち主なのにヤクザの辰朗は、恩人の借金を肩代わりすることに…。
  その危機を救ったのは、大手金融会社社長・相模。「思い通りにならない相手ほど燃える」──富と権力をほしいままにしていても、辰朗だけを求める相模は、無垢な辰朗の身体を快楽で支配し、強引に蕩けるような快感を教え込む。極道のプライドは、快楽と札束に膝を折って──! 身悶えするエロス、大量書き下ろし。

〜ひとりごと〜
 ヤクザの若頭と金融屋、しかもお金で・・・。って言うとどんなにハードなお話かと思いきや・・・。そこは、バーバラ片桐先生のお話なので可愛く(?)仕上がっています。この位のかわいいおバカな受けと先手をうって追い詰めていく攻、管理人はツボです。もうちょっと容赦なく追い詰めてくれると更にツボで、このツボを押されると、フラフラ〜とレジ(買うボタン)に直行です。(笑)非道になりきれない辰朗と弱みにつけこむが非道になりきれない相模。要するに2人ともいい人ですので、やくざものの苦手な方でも大丈夫かと思います。辰朗の舎弟にハチと言う人が出てくるのですが、バーバラ先生も残念がってらっしゃいましたが、是非とも顔が見てみたかった・・・。これは、ホント残念です。読めば何故に管理人が残念がっているのか分かって頂けると思います。因みに『身長だけはあるが、まだひょろ長い4だけの頼りなさで、幼さの残るやんちゃな顔立ちをしている十代の坊や』で、辰朗に輪をかけたおバカさんです。次はハチのお話になることを期待して待ちたいと思います。(笑)
 札束のベッド、1度でいいから、寝てみたいですね。昔、両親に百万円の束を触らせて貰ったことがあり、その時は興奮して顔を札束で叩いてみたり、扇いでみたりしてみました。(爆)
posted by 零 at 16:23| Comment(0) | TrackBack(0) | バーバラ片桐 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年07月22日

極道的純愛

gokudoutekijunai_m.gif

タイトル:極道的純愛
著者:バーバラ片桐
イラスト:高座 朗
発行:白泉社
レーベル:花丸文庫
発売日:2006/07
価格:540円(税込)

     詳細≫Amazon

     詳細≫bk 1

〜STORY〜
自己破産を主に扱う弁護士の栗原透雪は、ある日幼なじみの克哉と思いがけず再会する。かつて鍛冶組組長の妾腹の子という事実に苦しんでいた克哉は、若頭としていっぱしのヤクザになっていた…。

〜ひとりごと〜
 忙しい両親にほったらかされて育った幼い透雪(とうせつ)は、雪の降る寒空の下、凍えて丸まっている鍛冶組・組長の妾腹の子として生まれた幼い克哉を見つける。仲良くなった2人だが、克哉の母の死で本家に引き取られることになり、離れ離れに。
 高校生になった時、その過酷な環境から救いを求めるように透雪に会いに行く、克哉だったが、「変わったな」と拒絶され、脳天まで焼きつくすような熱い衝撃に支配され、理性を失ってしまう。
 更に10年後、それぞれの道で生きてきた2人が再び出会う。

 幼い頃の思いを抱き続ける+ヤクザ×弁護士。王道のお話です。
 高校生の時に2人の間に起こった事件のせいで、透雪はヤクザが大っ嫌いになり、ヤクザが絡む可能性の高い債務整理(借金問題)専門の弁護士になるんですから、克哉を意識しまくってますよね。(笑)しかも克哉に「今後二度と、俺の前に姿を現すな!」と言っておいて、債務専門、いずれ会う可能性もあるのですから、そんなに嫌なら法人専門などに行けばいいのですから。(笑)やはり深層心理では、求めていたのでしょうね。
 克哉の方も同様で、対ヤクザ相手の仕事をしているのですから、透雪の身辺は常に気にしていたようです。
 昔の事件のせいで素直になれない2人の不器用な恋でした。

osusumedo_ani.gifpenguin_ani.gif196.gif196.gif196.gif

hokanosakuhin_b.gif












続きを読む
posted by 零 at 00:53| Comment(0) | TrackBack(0) | バーバラ片桐 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年06月13日

屈辱の虜囚

kutujokuno_m.gif

タイトル:屈辱の虜囚
著者:バーバラ片桐
イラスト:高座 朗
発行:幻冬舎コミックス
レーベル:リンクスロマンス
発売日:2005/11/30
価格:898円(税込)

     詳細≫Amazon

     詳細≫bk 1

〜STORY〜
あなたの身体は淫らでよく濡れる
援助の条件は、かつて世話係だった男に身体を提供することで−!?

医学生の篠原幸秀を取り巻く環境は、ある日を境に一変した。外科医である父親が医療過誤で訴えられ失脚、そのまま体調を崩し急死してしまったのだ。親戚に見放され、賠償金を払うため自宅を出ることになる幸秀。そんな幸秀の前に、かつて世話係だった近藤が現れる。彼は冷淡な眼差しを幸秀に向け、住まいと学費を提供する代わりに身体を差し出すことを要求する。「私がしつけてあげますよ」、そう囁く近藤の淫らな手で、幸秀は快楽の罠におちていき…。

〜ひとりごと〜
 医院長の息子で周囲からちやほやされて育てられた幸秀と、かつての父の部下で子供の頃、体の弱い幸秀の面倒をよく見てくれた近藤との年の差カップルのお話です。
 バーバラ先生と高座先生のゴールデンコンビです!下克上+調教です。本館の表を見ていただければ分る通り、幸秀は、結構、スゴイことされてます。(苦笑)
 かなり年上の人を、未だに近藤と呼び捨てにする高慢な幸秀が膝を折る瞬間は、たまらないです。(爆)
 尊敬していた父の名誉を守り汚名を晴らす為、屈辱を耐える幸秀が、近藤の過去をしった時、新たな関係が始まります。

osusumedo_ani.gifpenguin_ani.gif196.gif196.gif196.gif196.gif

hokanosakuhin_b.gif










posted by 零 at 01:12| Comment(0) | TrackBack(0) | バーバラ片桐 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。