2008年11月01日

【花冠の麗人】
 橘 かおる ill:海老原由里


hanakanmuri_b.gif
タイトル:花冠の麗人
著者:橘 かおる
イラスト:海老原由里
発行:海王社
レーベル:ガッシュ文庫
発売日:2008/10/28
価格:610円(税込)

*画像clickで拡大画像が見れます。

 amazon.gif      


 《携帯電話からは》
 Amazon  楽天


 kouhyou_story.gif

〜ひとりごと〜を読む
posted by 零 at 20:13| Comment(0) | TrackBack(0) | 橘 かおる | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年06月07日

【黒豹の騎士 〜美しき提督の誘惑〜】
 橘 かおる ill:つぐら 束


kurohyou_b.gif
タイトル:黒豹の騎士
     〜美しき提督の誘惑〜

著者:橘 かおる
イラスト:つぐら 束
発行:海王社
レーベル:ガッシュ文庫
発売日:2008/5/28
価格:590円(税込)

*画像clickで拡大画像が見れます。

 amazon.gif      


 kouhyou_story.gif

〜ひとりごと〜を読む
posted by 零 at 21:06| Comment(0) | TrackBack(0) | 橘 かおる | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年03月22日

【玉帝の箱庭 〜鳳麗国の双子皇子〜】
 橘 かおる ill:甲田イリヤ


gyokutei_b.gif
タイトル:玉帝の箱庭
      〜鳳麗国の双子皇子〜

著者:橘 かおる
イラスト:甲田イリヤ
発行:白泉社
レーベル:花丸文庫
発売日:2008/3/19
価格:600円(税込)

*画像clickで拡大画像が見れます。

 amazon.gif    
  


 kouhyou_story.gif

〜ひとりごと〜を読む
posted by 零 at 22:27| Comment(0) | TrackBack(0) | 橘 かおる | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年02月09日

【極道で愛獣】
 橘 かおる ill:櫻井しゅしゅしゅ


gokudoude_b.gif
タイトル:極道で愛獣
      (紳士で野獣 2)

著者:橘 かおる
イラスト:櫻井しゅしゅしゅ
発行:海王社
レーベル:ガッシュ文庫
発売日:2008/1/25
価格:590円(税込)

*画像clickで拡大画像が見れます。

 amazon.gif    
     


 kouhyou_story.gif

〜ひとりごと〜を読む
posted by 零 at 01:18| Comment(0) | TrackBack(0) | 橘 かおる | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年02月03日

【古の闇に愛を誓う】
 橘 かおる ill:かんべあきら


inishienoyami_b.gif
タイトル:古の闇に愛を誓う
著者:橘 かおる
イラスト:かんべあきら
発行:幻冬舎
レーベル:リンクスロマンス
発売日:2008/1/29
価格:898円(税込)

*画像clickで拡大画像が見れます。

 amazon.gif    
     


 kouhyou_story.gif

〜ひとりごと〜を読む
posted by 零 at 21:11| Comment(0) | TrackBack(0) | 橘 かおる | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年12月16日

【皇帝のダイヤモンド】
 橘 かおる ill:藤井咲耶


kaisernodiamond_b.gif
タイトル:皇帝(カイザー)のダイヤモンド
著者:橘 かおる
イラスト:プラチナ文庫
発行:プランタン出版
レーベル:藤井咲耶
発売日:2007/12/10
価格:580円(税込)

*画像clickで拡大画像が見れます。

 amazon.gif    
     


 kouhyou_story.gif

〜ひとりごと〜を読む
posted by 零 at 23:05| Comment(0) | TrackBack(0) | 橘 かおる | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年09月16日

【天翔る光、翠楼の華】
 橘 かおる ill:汞 りょう


amakakeru_b.gif
タイトル:天翔る光、翠楼の華
著者:橘 かおる
イラスト:汞 りょう
発行:プランタン出版
レーベル:プラチナ文庫
発売日:2007/9/10
価格:580円(税込)

*画像clickで拡大画像が見れます。

 amazon.gif    
     


 kouhyou_story.gif

〜ひとりごと〜を読む
posted by 零 at 22:55| Comment(0) | TrackBack(0) | 橘 かおる | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年09月14日

【略奪愛人】 橘 かおる ill:実相寺紫子


ryakudatuaijin_b.gif
タイトル:略奪愛人
著者:橘 かおる
イラスト:実相寺紫子
発行:笠倉出版社
レーベル:CROSS NOVELS
発売日:2007/9/11
価格:900円(税込)

*画像clickで拡大画像が見れます。

 amazon.gif    
     


 kouhyou_story.gif

〜ひとりごと〜を読む
posted by 零 at 22:39| Comment(0) | TrackBack(0) | 橘 かおる | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年07月05日

【舞踏会の夜に華は綻ぶ】
 橘 かおる ill:小山田あみ


butoukainoyoruni_b.jpg
タイトル:舞踏会の夜に華は綻ぶ
著者:橘 かおる
イラスト:小山田あみ
発行:海王社
レーベル:ガッシュ文庫
発売日:2007/6/29
価格:590円(税込)

*画像clickで拡大画像が見れます。

 amazon.gif    
     


kouhyou_story.gif

〜ひとりごと〜を読む
posted by 零 at 23:10| Comment(0) | TrackBack(0) | 橘 かおる | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年04月21日

【彼は閣下に囚われる】
 橘 かおる ill:亜樹良のりかず


karehakakkani_b.jpg
タイトル:彼は閣下に囚われる
著者:橘 かおる
イラスト:亜樹良のりかず
発行:プランタン出版
レーベル:プラチナ文庫
発売日:2007/4/10
価格:580円(税込)

*画像clickで拡大画像が見れます。

 amazon.gif    
     

〜STORY〜
閣下は、恋に裏切られて愛を知る──。
制服を乱され嬲られても屈しまいとするルスラン。「強情だな。身体だけでも蕩かしてやる」だがその矜持も、最奥を暴かれ悦楽に堕ちた。癒えぬ傷を抱えた心は、置き去りのまま──。
秘密警察長官・ルスランに、公爵のユーリは革命家だと密告があった。ユーリはかつての親友で恋人。しかし彼の裏切りで心を閉ざしたルスランは、冷徹な長官閣下として辣腕を振るう。牢獄へ捕らわれても昂然とするユーリに鞭を振り上げ!?
革命家の情熱×閣下の凍り付いた恋心、すれ違った想いの行方は…?

続きを読む
posted by 零 at 00:39| Comment(0) | TrackBack(0) | 橘 かおる | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年04月07日

【罪人は蜜に濡れて】
 橘 かおる ill:しおべり由生


zaininhamituni_b.jpg
タイトル:罪人は蜜に濡れて
著者:橘 かおる
イラスト:しおべり由生
発行:ワンツーマガジン社
レーベル:アルルノベルズ
発売日:2007/3/28
価格:900円(税込)

*画像clickで拡大画像が見れます。

 amazon.gif    
     

〜STORY〜
飢えた野獣を挑発するな―。
警視庁キャリアで白皙の美貌の天城耀は、武内組組長・将勝に拉致監禁される。事件の捜査中事故死した少年が武内の腹違いの弟だったのだ。憎しみの炎を燃やす武内を前に、責任を痛感する天城は身体を差し出す事での贖罪を葛藤の末受け入れた。繰り返される陵辱に天城は艶声を零し始める。その麗姿に囚われた武内は、償いではなく、心から求めて欲しいと望む自分に絶望する。敵同士の二人は情が生まれることを恐れたのだ。天城もまた情を振り払う為、武内を逆上させるが…。

〜ひとりごと〜を読む
posted by 零 at 00:33| Comment(0) | TrackBack(0) | 橘 かおる | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年03月09日

【砂漠の鷹と暗殺者】橘 かおる


sabakunotakato_b.jpg
タイトル:砂漠の鷹と暗殺者
著者:橘 かおる
イラスト:汞 りょう
発行:リーフ出版
レーベル:リーフノベルズ
発売日:2007/3/5
価格:893円(税込)

*画像clickで拡大画像が見れます。

 amazon.gif    
     

〜STORY〜
殿下、僕はあなたを殺します
この愛の代償は――死
不幸な生い立ちから暗殺者となった少年、景生の最後の標的…それは熱砂の国・サウディンの皇太子イブン・サーディ。景生は小姓として彼に近づくが、暗殺に失敗、正体がばれてしまう!死を覚悟する景生はしかし、何故か傍にいることを許され…。彼の真意を掴めぬまま、気高く聡明な皇太子の姿を知るうちに、彼に惹かれる己を自覚する――その想いが、絶対に許されない裏切りと知りながら…!

〜ひとりごと〜
 アサシン(暗殺者)×皇太子
 身分の差 主従

 どうにも抜けられない泥沼の中にいるケイ・ジュマを救ってくれた人、その人のためにアサシンとなり生きてきた。
 しかし、人を殺すということに精神が持たなくなってきたケイに与えられた最後の任務。
 それは、サウディンの皇太子・サウド・アシュバル・アル・サウディンの暗殺だった。
 小姓として、皇太子宮に潜入することには成功したが、暗殺には失敗してしまう。
 そして、自死しようとするケイ。
 そんなケイに皇太子は、「私はもう一度、そなたを小姓に復帰させようと思う。私を狙う自由も与えよう。となれば、死ぬ必要はないのではないか?」と言う。
 そんな皇太子にケイは次第に魅かれていくが・・・。


 『秘密のプリンス』シリーズで、真澄を巡る恋のライバルとして活躍(?)していた皇太子・イプン・サーディことサウド・アシュバル・アル・サウディンのお話です。

 長かったですね〜、イプン・サーディのお話が出るまで。(苦笑)
 前作では、出てこなかった彼の本名も漸く出てきましたしね。
 結構、気になっててたのでわかった途端、喜んであらすじに名前出しまくってしまいました〜。(苦笑)
 イプン・サーディが飛行機事故にあって出来た顔の傷、そのことに絶望を感じて離宮に閉じこもっていた時期もある彼ですが、今はもうその傷が愛しいほどになっていました。
 そして、その飛行機事故の原因はテロだったそうで、その首謀者との対決もあります。
 それは何となく、カシムアスーラのお話を思い出さないでもなかったですけど、実際石油という大きな利権が絡むことや、宗教、民族の問題はあるだろうと思ったので、それ程気にしないで読めました。

 しかし、懐広いですよね、イプンサーディ。
 命を狙ってきた人物を、また手元に置くだなんて。
 カシムの弟・カブースもそうでしたしね、その懐の広さには感服するばかりですし、景生がこれまでどんな生活を送ってきたかまでを見抜いての処置ですから凄すぎます。
 まぁ、ご想像通りそれだけではないでしょうけどね。(苦笑)

 サラーラにしろ、アッサラにしろ、そしてこのサウディンの王子様方もとっても日本人と縁の深い方々でした。(笑)
 ケイ、日本名:真崎景生(まさき けい)と言い日本人の母とサウディン人のハーフです。
 そして、『灼熱の楔につながれて』や『灼熱の愛に誓って』の晄が日本で育ったのに対し、同じハーフでもサウディンで育ったのなら、どういう人物になるのか?という担当さんのアイディアで生まれたキャラだそうです。
 しかし、彼の背景には、賛否両論あるんじゃないかなと思います。
 それ程、彼は過酷な中を生きてきたんです。
 私自身も表紙のイメージとのギャップに、かーなーりビックリでしたもの。(苦笑)
 けれどそれは、大人たちのせいで、そういう風にするしか生きる術がなかったのですから、腹立たしいし悲しいな〜と思ってしまいました。(ぐすん)
 でも、心はとても綺麗な人なので、イプン・サーディだけじゃなく、登場人物たちも読んでる私自身も彼を受け入れるのは容易かったですけど。

 そして、テロの首謀者
 彼の詳しい背景は、ヒミツです。(苦笑)
 彼の側近は、普通の人っぽく、彼の妄執を憂えてはいるのですが、何とかするまでは出来ないみたいなので、彼の心を救ってくれる人が現れることを願うばかりです。
 ん〜、でもね。凄く残忍な人なんですよ。
 景生も言ってるんですけど、多分復讐(?)を果たすためならば、自分の命さえ惜しいとは思ってないのでしょうね。
 だから、人の命にも重きを置くことができないんだと思うんですよ。
 側近も後悔しているのですが、正しくその後悔の元が、イプン・サーディとテロの首謀者との人生をより大きく分けてしまったんだろうなぁと思ってしまいました。


 イプン・サーディとテロリストとの対決は?
 景生の任務の行方と彼の処遇は?




〜小冊子『Sweet time』〜

 特典小冊子は、『勤めに忠実な小姓と恋人の苦悩』といったところでしょうか。
 微笑ましいお話でした。



osusumedo_ani.gifpenguin_ani.gif196.gif196.gif196.gif196.gif



小説xxxxx267作品 コミックxxxxx131作品 UP中




続きを読む
posted by 零 at 00:45| Comment(0) | TrackBack(0) | 橘 かおる | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年02月28日

危険なプリンス


kikennaprince_b.jpg
タイトル:危険なプリンス
     (秘密のプリンス 3)

著者:橘 かおる
イラスト:かぐやま一穂
発行:リーフ出版
レーベル:リーフノベルズ
発売日:2002/06
価格:893円(税込)

*画像clickで拡大画像が見れます。

 amazon.gif      

〜STORY〜
「ベッドにくくりつけてでも、俺のそばにいさせる」
熱砂の国サウディン。その砂漠を彷徨うハメになった真澄だったが、ようやく恋人・仁のもとへ帰り着いた。この国のプリンスでもある彼と、引き離されていた時間を埋めるかのように互いを激しく貪り合い、さあ、甘い休暇のやり直し…のはずが、今度は発砲事件に遭遇!そんな真澄を助けてくれたのは、カシムと名乗る陽気なアメリカ人だった。意味深なことばかり言う彼の正体とは?―さらなる謀略に巻き込まれる真澄に、仁の独占欲が我慢の限界!?
待望のプリンスシリーズ第3弾。

〜ひとりごと〜
 リーマン×プリンス
 身分の差

 誘拐騒動の後始末に追われる仁とやっと彼の腕に戻った真澄。
 しかし、政治犯を収容する刑務所が襲撃され、仁はまた事態の収拾に借り出されてしまう。
 一方、真澄も仁の屋敷に戻る途中、襲撃される。
 怪我を負った真澄が連れ去られようとする所を、油田掘りだというカシム・S・ウィルソンに助けられる。
 陽気なアメリカンという雰囲気のカシムだが、時折見せる意味深な表情と言葉。
 その真意を確かめようとする真澄だったが・・・。


 『秘密のプリンス』第3弾です。


 灼熱シリーズをお読みの方には、もう既におわかりのことかと思いますが、『灼熱の肌にくちづけて』のカシム殿下の過去のお話でもあります。
 彼の日本人と見れば口説きたくなってしまうという全ての原因(?)もこの巻にあります。(笑)
 カシムの過去の詳細に関しては、読んで確かめてくださいね。

 今度こそ、2人きりの時間を楽しもうとする二人でしたが、またまた事件に巻き込まれるんです。
 仁は、もうキレてます。(苦笑)
 どこか誰の目にも届かない所に閉じ込めておきたいというのが、仁の本音のようでした。
 けれど、真澄に無体を働き少しは溜飲も下げたみたいで、「ほんとにおまえは事件にばかり巻き込まれる。この腕に抱いていないと生きた心地がしない」とグチるだけに留めてます。(笑)

 真澄の美貌や格闘の腕前がどんどんグレードアップしているように思うのは気のせいでしょうか?(苦笑)
 この人の笑顔や流し目は、無敵です。
 誰もかないません。
 前巻では、人外(鷹)にまでその威力は発揮されてましたしね〜。
 そして、テロリストの首領に、「あんたには計り知れない価値がある。値段のつけようもない貴金属と一緒だ。国ひとつと取り換えて、十分おつりがくる」とまで言わしめてますからね〜。
 一国家と比べておつりがくるんですよ。凄すぎです。(苦笑)



 襲撃者の目的は?
 また、カシムの意味深な言葉の意味は?
 仁と真澄は無事日本に帰れるのか?




osusumedo_ani.gifpenguin_ani.gif196.gif196.gif196.gif196.gif



小説xxxxx260作品 コミックxxxxx130作品 UP中




続きを読む
posted by 零 at 00:17| Comment(2) | TrackBack(0) | 橘 かおる | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年02月27日

魅惑のプリンス


miwakunoprince_b.jpg
タイトル:魅惑のプリンス
     (秘密のプリンス 2)

著者:橘 かおる
イラスト:かぐやま一穂
発行:リーフ出版
レーベル:リーフノベルズ
発売日:2001/09
価格:893円(税込)

*画像clickで拡大画像が見れます。

 amazon.gif      

〜STORY〜
真澄、恋人・仁のために、
  皇太子殿下に迫る……!?

夏期休暇を利用してサウディンにやってきた営業マンの真澄。目的はもちろん、この国のプリンスでもある恋人・仁との熱い逢瀬ところが、獣のようにお互いを貪った後、余韻もそこそこに仁が言い出したのは「誘拐されてくれ」だった!驚きはしたが、仁が日本で生活するために必要なことと納得した真澄は、安全に誘拐された……はずなのに、なぜか砂漠を彷徨うハメに。そんな彼を助けてくれたのは……えっ、皇太子殿下――!? 大好評を博した「秘密のプリンス」、満を持して、ついに続編登場!!

〜ひとりごと〜
 リーマン×プリンス
 身分の差

 色んなものを乗り越え、漸く恋人と言える関係になった二人だったが、仁がサウディンに行って1ヶ月、彼に会うため休暇をもぎ取りサウディンに向かった真澄。
 久々の逢瀬もそこそこに仁が言い出したのは、狂言誘拐。
 仁が日本に帰るためならと、その話に乗った真澄だったが、テロリスト達に本当に誘拐されてしまう。
 相手の隙を見て逃げ出したのはいいが、砂漠を彷徨うハメになってしまった真澄。
 危うい所を助けてくれたのは、仁がサウディンに足止めを食う原因にもなった皇太子殿下で・・・。


 『秘密のプリンス』 第2弾です。

 今回は、舞台を日本からサウディンに移動してのお話です。
 仁が日本に帰るための狂言誘拐
 結局は、次期国王の座を巡る後継者争いに仁は巻き込まれてしまったんです。
 けれど、仁自身にそんな気はさらさらなく、早く日本に帰りたくてしょうがないんです。
 だから、真澄を誘拐して、「返してほしくば・・・」と大掛かりな芝居に打って出たんですけど、はい、ご想像の通り失敗です。(苦笑)
 まんまとテロリスト集団にかっ攫われてしましました。
 「真澄を誘拐させるってどうよ。」と思っちゃいますよね〜。
 「仁、自分が誘拐されろ!」とムッとしちゃいました。
 しかも、絶対の安全を確保されてたわけじゃないんですもの、酷い話です!!
 けれどその報いは、しっかり受けていましたけどね。(苦笑)

 前巻で話題になってました。
 事故で生死を彷徨った仁の腹違いの兄の皇太子殿下、登場です。
 この事故のせいで公務全てから遠ざかり、砂漠の離宮で隠遁生活を送っているんです。
 この方が原因で仁は、サウディンに足止めをくらってるんですが、皇太子の思いを知ると「それは、しょうがないな〜」と思っちゃうものでした。
 それ程、絶望と孤独を抱えていたんです。
 そしてこの皇太子殿下の目を覚まさせるために、取った方法。
 これには驚かされましたし、涙が滲みました。
 そこまで出来たのには、強い信頼があったからですが、それでも出来ることじゃないと思うとうるうるしました〜。



 誘拐されてしまった真澄は?
 仁が受けた報いとは?
 皇太子の目を覚まさせた出来事とは?




〜ツボな脇キャラ〜
 カシム

 シャンムートというテロ組織の首領です。
 このカシムは、あのカシムですよね、やっぱり。
 ふふふ・・・、次巻ではたっぷり出て来るみたいですので楽しみです!!



osusumedo_ani.gifpenguin_ani.gif196.gif196.gif196.gif196.gif



小説xxxxx259作品 コミックxxxxx130作品 UP中



 仁の兄・皇太子殿下のお話が発売されます。


sabakunotakato_mb.jpg
タイトル:砂漠の鷹と暗殺者
著者:橘 かおる
イラスト:汞 りょう
発行:リーフ出版
レーベル:リーフノベルズ
発売日:2007/3/5
価格:893円(税込)

*画像clickで拡大画像が見れます。

   
*現在予約もしくは、ページがある所です。

〜STORY〜
この愛の代償は――死
不幸な生い立ちから暗殺者となった少年、景生の最後の標的…それは熱砂の国・サウディンの皇太子イブン・サーディ。景生は小姓として彼に近づくが、暗殺に失敗、正体がばれてしまう! 死を覚悟する景生はしかし、何故か傍にいることを許され…。彼の真意を掴めぬまま、気高く聡明な皇太子の姿を知るうちに、彼に惹かれる己を自覚する――その想いが、絶対に許されない裏切りと知りながら…!





続きを読む
posted by 零 at 00:33| Comment(2) | TrackBack(0) | 橘 かおる | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年02月02日

紳士で野獣


sinsideyajuu_b.gif
タイトル:紳士で野獣
著者:橘 かおる
イラスト:櫻井しゅしゅしゅ
発行:海王社
レーベル:ガッシュ文庫
発売日:2007/1/26
価格:590円(税込)

*画像clickで拡大画像が見れます。

 amazon.gif         

〜STORY〜
可愛いおねだりに免じて、イかせてやろう
恋を知らない、不器用な紳士×初心で勝気な入国管理官の翻弄ラブ!!
君の淫乱な姿をネット上に流されたくなくば、素直に感じろ――優秀な入国審査官として空港で働く聖也のライバルは、英国貴族の教育を受けた紳士ながら冷淡な態度の将和。しかしある夜、将和が実は内通者を探る潜入捜査官であることを知った聖也は、口封じのため将和に媚薬を使われ犯されてしまう――感じてたまるかと屈辱に抗いつつも、将和の傲慢な言葉責めと灼熱の楔に、聖也は甘く淫らに喘いだ。だが全てが終わると、打って変わって優しく身体を気遣う将和に聖也は戸惑い…。

〜ひとりごと〜
 入国審査官×潜入捜査官
 コメディ

 入国審査官の柚木聖也(ゆずき せいや)は、その特異な能力のため密入国者の検挙に大きく貢献していた。
 そんな聖也は、『美人』と形容される容姿を不本意に思い、自分と対極にある男らしい要望の田中をつい目で捜してしまう程憧れている。
 ある日、忘れ物を取りに聖也が勤める支局に戻った。
 しかし、そこで人影を見つけ訝しく思った聖也は、細心の注意を払って室内を伺おうとするが、相手に気づかれてしまう。
 しかもその不審な人影は憧れていた田中で、聖也は口封じのために抱かれてしまう。
 けれど、聖也自身にも特異な能力以外に、秘密があり・・・。


 『イギリス貴族の血を引くハーフという設定で紳士だった筈なのに・・・』と橘先生は嘆いてらっしゃいました。(笑)

 聖也は、自分の容姿と対極にある田中に憧れているんですけど、彼は幼い頃に受けた伯爵としての教育のため感情をどこかに忘れてきてしまったような感のある人なんです。
 だから、聖也だけでなく誰に対しても冷たい印象を与えてしまい、職場では浮いています。
 そしていつも身に着けている手袋
 どんな時にも外さないんですね〜。
 そのせいで、「素手で触れたら汚れる、なんて感じでじろっと見下ろされるのよ。やってられないわ。でも顔は凶悪にステキだから、観賞用ってことになったの。実際黙って立っていたらどこか王子様、ううん、王様みたいな雰囲気が漂っているもの」と女性にも遠巻きにされ、観賞用に位置づけされてます。(苦笑)
 彼の表情に乏しい所や手袋の謎からそうとられてもしょうがないんですけど、別に女性陣が言うような理由で手袋をしているわけでなく、これにも事情があるんです。
 けど、堂々とこう言ってのける女性陣に、相通じるものを感じるのは、私だけでしょうか?(笑)

 田中という名は潜入捜査のための偽名で、実は仲倉将和(なかくら まさかず)と言うんですが、彼には本当の職場に薄野紀章(すすきの きしょう)という相棒がいるんです。
 その薄野が仲倉の感情の乏しい所や、また冗談を冗談と受け取れず真面目に返す性格によくツッコミを入れてるんです。
 彼らのやり取りは、親父ギャグみたいで何とも言えない雰囲気を醸し出してますが、張り詰めた空気を和ませてくれてもいました。v

 聖也はというと、その能力のためトラウマを抱え、また妹とそっくりと言われる美人顔にもコンプレックスを持っているんです。
 けれど、心臓疾患を抱えペースメーカーをしている妹をいつも気に掛けている優しい人物です。
 なのに自身の能力を過信するあまり、事件に巻き込まれていってしまいます。

 結末が想像通りだったのと少し単調な感が否めなかったので、その前の所でもう少し派手なシーンが欲しかったかな〜と思いました。


 聖也の秘密とは?
 仲倉がいつも手袋を身につけている理由は?
 仲倉が入国管理局に潜入捜査に来たのは?




〜ツボな脇キャラ〜
 竜崎義男(りゅうざき よしお)

 広域暴力団東和会系山本組の若頭です。

 聖也の妹が密かに恋心を抱いている相手です。
 ひょんなことから、知り合った聖也兄弟と竜崎なんですが、彼の存在は聖也に大きく影響を齎してます。
 そして、竜崎の人柄や聖也の妹・千帆(ちほ)に語ったことから、千帆と同様に彼は恐らく・・・と思っています。
 本当は、優しいだろう人だけに、彼がこの後どうなったんだろうかと、とっても気になっっちゃいました。(苦笑)



osusumedo_ani.gifpenguin_ani.gif196.gif196.gif196.gif



小説xxxxx246作品 コミックxxxxx120作品 UP中




続きを読む
posted by 零 at 00:36| Comment(0) | TrackBack(0) | 橘 かおる | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年12月15日

大公は彼を奪う


taikouhakarewo_b.gif 
タイトル:大公は彼を奪う
      (皇帝は彼を寵愛する 2)

著者:橘 かおる
イラスト:亜樹良のりかず
発行:プランタン出版
レーベル:プラチナ文庫
発売日:2006/10/13
価格:580円(税込)

*画像clickで拡大画像が見れます。

 amazon.gif    bk1.gif

〜STORY〜
私は君を落とす──殿下の甘い脅迫h-s.gif
敵国の大公・セルゲイに口説かれる帝国大使の三条。一度だけ、囚われた部下のため取引として彼に抱かれたが、その後はしたたかに求愛をかわしていた。しかし、独占欲を露わにしたセルゲイに攫われ、脅迫されてしまう。「何も考えなくていい。私の腕の中で艶やかに啼いてみせろ」最奥に受け入れた熱に溺れ、愛しげに触れてくる手に追いつめられる──。互いの職務を思い封じた恋慕が掻き立てられて懊悩するが、自分を庇ってセルゲイが撃たれて…!? 有能な男達の、色香漂う駆け引き。

〜ひとりごと〜
 シレジア大使×外務大臣

 三条鷹司(たかし)は、微妙な関係にある大国シレジアに大使として赴任してきた。シレジアの動向を探るという任務を受けて・・・。
 着任の挨拶に宮廷に訪れた三条を迎えたのは、大臣のセルゲイ大公でなく外務次官だった。
 侮られたと感じた三条は、セルゲイ大公が自分に興味を持つように謀り、そうなったと知ると駆け引きを始める。
 そうして、セルゲイ大公の我慢が限界に達しようとしていた時、ある事件が起こり、それををきっかけに2人の仲は急速に近くなる。それは思わぬ効果も招き、セルゲイ大公は三条を口説いてくるようになった。
 が、三条には、自国日本と敵対するかもしれないシレジアの外務大臣で、皇帝の従兄弟でもある大公に心を許してしまうことは出来なかった。
 そんな時、対シレジア策として新たに日本より呼び寄せた冷泉院顕彦(れいぜいいん あきひこ)が疑惑を掛けられ捕まってしまい、命も危ない状態になってしまった。
 その恩赦をセルゲイ大公に取り成してもらうため、セルゲイ大公に身を任せる。
 しかし、その後も関係を持とうとするセルゲイ大公を避けていた三条は拉致された上、ペルソナ・ノン・グラータまで持ち出されて・・・。


 前作『皇帝は彼を寵愛する』で、微妙な空気を醸しだしていた2人のお話です。
 顕彦のことで、骨を折っていたのは前作でも分かっていましたが、まさかここまでしていたとは思いませんでした。
 彼らにはこれらのことはきっかけにしか過ぎなかったのでしょうが。(苦笑)
 今回のお話は、三条とセルゲイ大公が出逢う所から顕彦の解放とその後までです。
 しかし、三条のセルゲイ大公に用いた手管は、なかなかのものでした。(笑)
 それは、大学で同期だった一等書記官に「高級娼婦並みの高度かつ見事なテクニック」と言わしめる程なんです。
 そのお陰(?)でセルゲイ大公は、もう抜け出せない程、三条にどっぷり嵌ってしまいました。
 顕彦のことでのあれこれは、棚からぼた餅だったけど、その後の三条に手を焼いたセルゲイ大公は、拉致しあげくペルソナ・ノン・グラータを持ち出して三条を脅迫するんですね〜。
 けれど、そこまでするのにはセルゲイも確信を持っていたからなんですけど、我慢できなくなっちゃった挙句のことでもあったんです。
 なんせ、セルゲイ大公は、人妻だろうが何だろうがお構いなしの遊び人だったのが、ピタッとやめちゃうんですからその執着たるやいかにという所です。
 以外に一途で熱い人(ただの暴走とも言う)で、あの図体とのギャップがかわいらしいったらなかったです。(笑)
 三条の方もその強かさを恋の駆け引きにも有効活用してはいる所やかわいい所も私のツボを押し捲ってくれました。(笑)
 決着がついたとは、言い難い結末だったですし、先生もまだまだこのシリーズを書きたいと仰っています。それに魅力的なキャラもまだまだ残ってます(?)から、是非この2人の決着も含む続きが読みたいです。


 三条がセルゲイ大公に用いた手管とは?
 セルゲイが撃たれたのは?
 敵対国の2人の仲は?


〜ツボな脇キャラ〜
 三条の一等書記官・都築俊一(しゅんいち)

 上司であろうと言う時は言うといったこういうタイプの人は割と好きです。
 今まで日本人2人がuke.gifだったので、この人にはseme.gifになって頂いて、uke.gifをじわじわ苛めてるとことか読んでみたいです。(←鬼?)



osusumedo_ani.gifpenguin_ani.gif196.gif196.gif196.gif196.gif196.gif



小説xxxxx219作品 コミックxxxxx104作品 UP中




続きを読む
posted by 零 at 00:25| Comment(0) | TrackBack(0) | 橘 かおる | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年10月15日

皇帝は彼を寵愛する


kouteihakarewo_b.gif 
タイトル:皇帝は彼を寵愛する
著者:橘 かおる
イラスト:亜樹良のりかず
発行:プランタン出版
レーベル:プラチナ文庫
発売日:  2006/10/13
価格:580円(税込)

*画像clickで拡大画像が見れます。

 amazon.gif  rakuten.gif  bk1.gif

〜STORY〜
おとなしく私のものになれ──陛下のご執心h-s.gif
敵国の皇帝となった幼なじみ・アレクと再会した帝国軍人の顕彦。離れていた時間を埋めるかのように、独占欲も露わなアレクに甘い愛撫で貫かれた。互いの立場を思いつつも、顕彦はその情熱が嬉しくて拒めなかった。だが国のために、彼の想いを裏切らなくてはいけない。国への忠誠とアレクへの愛。苦悩する顕彦だったが、ついに事が露見してしまう。「自分で脱いで、私の前にすべてを晒せ」豪奢な監獄に捕らわれ、淫らに責め立てられて…。敵国の皇帝×帝国軍人の官能ロマンスh-s.gif

〜ひとりごと〜
 帝国軍人×皇帝
 身分の差 幼馴染み ロミ×ロミ

 20年ぶりに再会した、冷泉院顕彦(れいぜいいん あきひこ)とアレクセイ・ロストフ。
 2人の距離は、子供の頃より、更に開いていた。顕彦は、敵対する国日本の軍人、そしてアレクセイは、大国シレジアの皇帝になっていたから。
 そして、その距離を何よりも遠くしていたのは、顕彦がこの国に来た理由にあった。
 普段なら、武官の赴任挨拶に現れる筈のない皇帝が、自ら参上したばかりか、子供の頃と同様に『アキ』と呼び親愛を示してくれる。しかし、顕彦は、自分に与えられた任務からアレクセイのことを、忘れたふりをしてする。その態度に腹を立てた皇帝は、顕彦を私室に連れ込み抱いてしまうが・・・。

 時代や主人公たちの背景が背景だけに、もう少し重さが欲しかったです。 顕彦の苦悩や緊張感も、もうひとつ伝わってこなかったように思います。顕彦が、帝国軍人として醜態を晒してはならないと腹を括っていた部分に起因しているのだとは思うんですけど・・・。
 その覚悟の決め方は潔く、きっと昔の人ってこうだったんだろうなぁと想像させられます。
 彼の『侮辱は許すまじ』という所は、シビレました。(笑)
 アレクセイの方は、気性の激しい性格で、ひと睨みで相手を黙らせる威圧感のある人です。しかし、顕彦には普段の厳しさは何処へやらのメロメロ状態。帝国軍の制服が地味すぎる、顕彦にはもっと明るい服が似合うと、シレジア近衛連隊の制服を着せたいがばかりに仮面舞踏会を開いちゃう、なかなかかわいい人です。(笑)

 そして顕彦は、自分が負った任務により苦しみ、ある決意をします。

 シリーズ化を見込んでの作品だったようで、キャラたちは、とても魅力的でした。脇キャラ好きには、堪らなかったです。(笑)
 そういう面もあり、素直+けなげ×オレ様の王道カップルではないかと思っています。

 顕彦の負った任務とは?
 その任務を知った時のアレクセイの行動は?
 2人は、全てを乗り越えられるのか?

〜ツボな脇キャラ〜
 主要キャラ全てと言っても過言ではないです。(苦笑)

 ・藤木勇悟(ゆうご)
   顕彦の従卒で、顕彦に恩義を感じると共に、心から慕っていて、その姿は、忠実な柴犬と揶揄される程です。
   彼にも、秘密があります。

 ・三条鷹司(たかし)
   駐シレジア大使
   その容姿や物腰からシレジア社交界で、人気を博しています。
   かなりの切れ者ですが、部下思いのことから部下の信頼も厚い。
   が、セルゲイ大公には、毒舌。それには・・・。(苦笑)

 ・セルゲイ大公
   外務大臣で、アレクセイの従兄弟。
   アレクセイの部下ではあるけれど、時には、従兄弟として苦言も呈することの出来る人です。
   そして、いつも三条を・・・。

 ・イワン・アントノフ(通称)
   ある組織のリーダー。
   情に厚いがために、あることを目論んでいる。



osusumedo_ani.gifpenguin_ani.gif196.gif196.gif196.gif



小説xxxxx173作品 コミックxxxxx84作品 UP中

続きを読む
posted by 零 at 00:09| Comment(0) | TrackBack(0) | 橘 かおる | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年07月28日

その唇に誓いの言葉を

sonokutibiru.gif

タイトル:その唇に誓いの言葉を
著者:橘かおる
イラスト:実相寺紫子
発行:飛雄
レーベル:i novels
発売日:2006/02/05
価格:893円(税込)

     詳細≫Amazon

     詳細≫bk 1

〜STORY〜
一目惚れなら、口説いてみろよ。
愛人の子として育った瑞紀は普段は気弱で冴えない男を演じ、酷薄な父と兄への復讐の機会を狙っていた。一方、夜の街では人目を惹く華やかな美貌で男を誘い、刹那的な情事を楽しむ瑞紀。ある夜、バーで見つけた好みの男を挑発し、ホテルでひと時を過ごす。二度と会うつもりのない瑞紀と、欲しいものは必ず手に入れると傲慢に言い放つ男・柳澤の官能的でスリリングなラブゲームの行方は──!?

〜ひとりごと〜
どんなに自信家のイイ男でも恋をすればこんなにかわいくなっちゃうのね。と言うお話でした。(爆)もう、とにかくかわいかったです。が、内容はピリリとしていました。リベンジは、いいですね。スッキリします。このお話はなかなかスッキリとはいかなかったようですが・・・。想像していたよりおもしろかったです。まだまだ、お話の中に出て来たことで、解決していないことがあるので、続編でるんじゃないかなぁと密かに思っています。
posted by 零 at 15:56| Comment(0) | TrackBack(0) | 橘 かおる | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年05月13日

灼熱の愛に誓って

shakunetunoainitikatte.gif

タイトル:灼熱の愛に誓って
著者:橘 かおる
イラスト:亜樹良のりかず
発行:プランタン出版
レーベル:プラチナ文庫
発売日:2006/05/10
価格:580円(税込)

     詳細≫Yahoo!+7&Y

     詳細≫Amazon

〜STORY〜
おまえを失うのなら、王位などいらない。
  殿下の灼熱愛、ついに完結!!

クーデターで国を追われた皇太子・アスーラ。晄は恋人である彼のため、事の真相を探ろうとした。しかし捕われ、全裸で繋がれてクスリと玩具による陵辱を受けてしまう。アスーラは未だテロリストとして指名手配中にもかかわらず、晄救出に祖国へ乗り込んだ。「国を取り戻すことでおまえを失うのなら、国などいらない」アスーラは晄を再び腕に抱き、王位を奪還できるのか!? そしてその時、自分の立場に迷う晄は…? 灼熱の男達が繰り広げる、悦楽に満ちたゴージャス・ロマン、ついにフィナーレ!! 

〜ひとりごと〜
 灼熱シリーズ 第6弾は、このシリーズ人気No.1年下攻めカップル晄とアスーラのお話です。そして、最終巻です。
 ああ、遂に最終巻です。寂しいです。ですが、さすが最終巻、初回限定本には、小冊子がついています。その冊子には、橘先生の書き下ろしショートストーリーに加え、亜樹良のりかず先生の書き下ろし漫画+ラフ画(「灼熱の闇に魅せられて」のあとがきに書かれていた、タマネギを持って、どこを食べるのだと悩むサイードが見られます。)が、収録されています。
 本編の方ですが、アスーラにまたまた覚悟を決める時がき、進退に決着がつきます。そして、晄にも・・・。今回も晄には、辛い出来事が待っています。この2人には、ほんと命を失うかもしれない危機が津波のように襲ってきて、見ていられません。(ハァ)まあ、その分、感動でうるうるしましたが・・・。(苦笑)
 ずっと辛い思いをしてきたアスーラが、晄という恋人を得、信じる心と友人を取り戻し、良い方向に回りだした運命が、これからの彼の人生に幸せと安らぎをもたらしてくれるといいですね。
 そして後半は、全員が勢ぞろいします。何とゴージャスなことか、ユサファが両手に花々で、攻め様方は、渋い顔で溜息をついておられます。(笑)また、ユサファに洗脳され、無意味な不安を抱えなければいいのですが・・・。書かれてはいないのですが、その様が目に浮かぶようです。(笑)

osusumedo_ani.gifpenguin_ani.gif196.gif196.gif196.gif196.gif196.gif

hokanosakuhin_b.gif











     詳細≫Yahoo!+7&Y
posted by 零 at 14:50| Comment(0) | TrackBack(0) | 橘 かおる | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年05月09日

灼熱のまなざしに射抜かれて

shakunetunomanazashi_m.gif

タイトル:灼熱のまなざしに射抜かれて
・者:橘 かおる
イラスト:属村良のりかず
発行:プランタン出版
レーベル:プラチナ文庫
発売日:2005/10
価格:580円(税込)

     詳細≫Yahoo!+7&Y

     詳細≫Amazon

〜STORY〜
猊下−あなたが欲しい
寝村に多入した男・鷹塔に、貪るようにくちづけられ、一目惚れだと告げられた美貌の猊下ユサファ。「イってみせてください。あなたのそのときの顔が見たい」初めて、聖なる血統ではなく自分自身を求められる幸せを感じ、身体の奥までも袖して・れた。しかし、宮殿警備の任についた鷹塔は急によそよそしくなってしまう。あの熱情は偽りだったのかと悲しみ、激昴するユサファだったが、危機に陥ったとき、真っ先に駆けつけた鷹塔の瞳に滾る想いを見て臓。神聖な地下神殿で誓う、永遠の忠誠と愛。

〜ひとりごと〜
 灼熱シリーズ 第5弾は、前作で散々引っ掻き回していたユサファです。
 そのユサファが、なんと村!村!?村です。びっくり!!でもあのゴーマンな鼻っ柱を折って屈服させてくれたら、ちょっと、気持ちイイかもと、鬼のようなことを思ってしまいました。(笑)
 相変わらず、ユサファは周りを振り回すだけ振り回していますが、逆に翻弄されてもいます。いいぞ、鷹塔!なんですが、あくまでも猊下は、猊下。どこまでも、猊下でらっしゃいました。(爆)そして、お相手の鷹塔(この作品初めての日本人攻)は、ユサファの身分も物ともせず、寝村に多入、そして、ムフフ・・・。まあ、この位でないとユサファの相手は、務まらないでしょうね。
 前巻のあの態度から、とても想像のつかないユサファを、楽しんで下さい。(笑)

osusumedo_ani.gifpenguin_ani.gif196.gif196.gif196.gif196.gif196.gif

hokanosakuhin_b.gif











     詳細≫Yahoo!+7&Y
posted by 零 at 00:56| Comment(0) | TrackBack(0) | 橘 かおる | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。