2007年03月29日

【貴族は華に秘恋を捧ぐ】
 遠野春日 ill:石原 理


kizokuhahanani_b.jpg
タイトル:貴族は華に秘恋を捧ぐ
著者:遠野春日
イラスト:石原 理
発行:大洋図書
レーベル:SHY NOVELS
発売日:2007/1/22
価格:903円(税込)

*画像clickで拡大画像が見れます。

 amazon.gif      
     


〜STORY〜
お前の屈辱に喘ぐ姿が見たい・・・
平民出身でありながら誇り高く美しい千坂暁彦は、かつて多くの学生たちの憧れ、高嶺の花のような存在でもあった。葉室公爵家の子息・貴誼もまた、彼を意識していた下級生のひとりだった。しかし、千坂家の没落で暁彦が葉室家で書生として暮らすことになり、ふたりの関係は大きく変わった。美しいからこそ穢したい。暁彦を乱れさせたい。そんな昏い欲望にとりつかれた高誼は、暁彦を強引に組み敷くのだが・・・!?

〜ひとりごと〜を読む
posted by 零 at 00:48| Comment(0) | TrackBack(0) | 遠野春日 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年11月18日

ため息は彼の胸で

otomodati_osusume.gif


tameikihakanomunede_b.gif 
タイトル:ため息は彼の胸で
      (吐息を重ねて語る愛 2)

著者:遠野春日
イラスト:門地かおり
発行:ムービック
レーベル:GENKI NOVELS
発売日:2004/02
価格:900円(税込)

*画像clickで拡大画像が見れます。

 amazon.gif  rakuten.gif  

〜STORY〜
「いっそ俺が奪ってやる!!」
美貌の王子ユーシスは隣国の王子リカルドと幼馴染みだが、彼の結婚を機に疎遠になっていた。しかし2年後、再会したリカルドに無理矢理蹂躙されてしまう。その関係は一度きりで終わらず、リカルドは遊びと言いつつもユーシスに激しい執着を見せる。ユーシスは口では拒みながらも離れられない。2人の愛は国や民をも巻き込んでいき…。己の罪深さを知りつつも、止められない狂おしい想い。読者待望の父王編、華麗に開幕!!

〜ひとりごと〜
 第1王子(王)×第1王子(王)

 クィンティリスの王子・ユーシスと隣国ヴァンドルディの王子・リカルドは、とて仲の良い幼馴染みだった。
 ユーシスは、幼い時は何も考えずリカルドに甘えていられたが、リカルドが微妙な力関係にあるヴァンドルディの王子だと知った時からは、礼を失しないよう気をつけるようになり、そしていつしか距離をとるようになってしまった。
 2人の関係は、リカルドの結婚を期に益々疎遠になってしまう。
 それは、ユーシスがリカルドの結婚に衝撃を受けたことにもあったのだが、その関係がリカルドがユーシスの体を強引に奪うことによって激変してしまう。
 ユーシスに関係を強要する一方で、2人目の側室を迎えるリカルドと父王が決めた婚約者の手前、苦悩を深めていくユーシス。


 前作『吐息を重ねて語る愛』で、無体を働いてらした(笑)エドアルドの父でありヴァンドルディの王・リカルドとイリアの父でありクィンティリスの王・ユーシスのお話です。

 幼馴染のため気づけなかった思いが、状況の変化で気付き、その思いを抑えきれなくなった2人の子供の頃から、『吐息を重ねて語る愛』の2年前、悲劇の少し前までのお話です。

 「そんな理由で戦争を起こすなんて・・・。」というご無体ぶりは、この作品でも発揮されています。(苦笑)
 『吐息を重ねて語る愛』で、もう設定は決まっちゃってたので、今更で身も蓋もない話ではありますが、リカルドの父も王座を譲りたがっていたことだし、さっさと王位継いじゃって、ユーシスの体の弱さも利用して、適当な理由つけてヴァンドルディに連れて来ちゃえば良かったのにと思っちゃいました。(笑)
 そうしたら、「リカルド・・・最低」私に罵られなくても良かったのに。(苦笑)
 なんせ4人の妻とそれ以外は把握できない程という女性遍歴の持ち主ですからね。その裏にはと思うんですけど、やっぱりね。(笑)
 もうね、ユーシスもユーシスの婚約者もかわいそうでしょうがなかったですよ。
 あんまり、BLに出てくる女性って良いように書かれないし、思えもしないのですが、流石にかわいそうでした。
 悲劇のこともありますしね。

 周りが見えなくなっちゃう程の思い
 板ばさみになりながらも抑え切れない思い
 激しすぎる思いですが、ちょっと羨ましかったりもしています。(笑)

 前作で書かれていた、ユーシスとリカルド、そしてエドアルドの3人のエピソードが、本編と漫画で読めます。(笑)


 2人の向かう方向は?



osusumedo_ani.gifpenguin_ani.gif196.gif196.gif196.gif



小説xxxxx203作品 コミックxxxxx90作品 UP中

続きを読む
posted by 零 at 00:14| Comment(0) | TrackBack(0) | 遠野春日 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年11月17日

吐息を重ねて語る愛

otomodati_osusume.gif


toikiwokasanete_b.gif 
タイトル:吐息を重ねて語る愛
著者:遠野春日
イラスト:門地かおり
発行:ムービック
レーベル:GENKI NOVELS
発売日:2003/6
価格:900円(税込)

*画像clickで拡大画像が見れます。

 amazon.gif  rakuten.gif  

〜STORY〜
「全部脱いで裸になれ・・・」
おまえは、きっと俺を恨み、憎む・・・。
王子イリアは城を抜け出し、森に暮らすエドと出会う。謎めいて野性味溢れるエドに惹かれるが、冷たく突き放され「今度来たら体を奪う」と断言される。それでも無垢な瞳を向けるイリアを激情のまま手折るエド。毎夜忍び会い、会話もなく強烈な悦楽と羞恥をもたらす行為に溺れる。煽るほど深くなる悦び、歪んだ官能…。一途なイリアの想いとは裏腹に大国の思惑は、2人の全てを巻き込んでいく!!許されない愛の顛末は…!?

〜ひとりごと〜
 第2王子×???

 クィンティリスの第2王子・イリアが15歳の時に起こった事件のせいで、父はすっかり沈み込み寝こみがちで、宮中もぎくしゃくしていた。
 そんな宮中から、イリアは変装してこっそり城を抜け出し、街に出かけるのを唯一の気晴らしにしていた。
 その帰り道、森でエドという綺麗で神秘的な青い瞳を持つ青年に出逢った。
 お互いひとめで魅かれながら、イリアの正体に気付いたエドは、自分に課せられた使命のことから2度とここには来るなと冷たく突き放す。
 それでも、訪ねてくるイリアに『次に着たら押し倒す』と言うのだが、懲りずに来たイリアをエド自身が堪えきれずに押し倒してしまう。
 イリアはそれを望んでいた自身と悦ぶ体に戸惑いを覚えるもののエドに会いたいという気持ちを抑えることが出来なかった。
 そうして逢瀬を重ねていた2人だが、国境を守る警備兵の間で起こった小競り合いが思わぬ大事に発展し、会うことが出来なくなったのだが・・・


 お知り合いの方からオススメいただいた作品です。
 ありがとうございました。

 イリアはこの関係を壊してしまうのを恐れ、エドは使命から、素直になることが出来ない。
 でも、離れることもできないというジレンマの中でお互いを誤解し、イリアはどんな仕打ちをも受け入れ、エドは自分の存在を刻みつけようとするんです。
 二人とも、ある意味けなげで一途でした。
 エドが洩らした言葉『おまえは、そのうちきっと俺を恨み、憎む』という言葉は、この逆を祈るエドの心の叫びのようにも聞こえました。

 エドが受けた使命は、あまりにも卑怯な手口で、「理解は出来ても、それはどうよ。」というものでしたし、拗れた方がもっと切なくておもしろそうと鬼のようなことを思っちゃったので「失敗しろ〜!失敗しろ〜!!」と念じてしまいました。(笑)

 イリアパパのお話は、気になる所です!!


 エドの正体とは?
 会えなくなった2人は?


〜ツボな脇キャラ〜
 執事のシモン

 顔や口には出さずとも、お腹の中にある事を主に隠しもせず責める所は結構ツボでした。(笑)

osusumedo_ani.gifpenguin_ani.gif196.gif196.gif196.gif



小説xxxxx202作品 コミックxxxxx90作品 UP中

続きを読む
posted by 零 at 00:21| Comment(0) | TrackBack(0) | 遠野春日 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年06月25日

愛される貴族の花嫁

aisarerukizoku.gif

タイトル:愛される貴族の花嫁
著者:遠野春日
イラスト:あさとえいり
発行:大洋図書
レーベル:SHYノベルス
発売日:2004/03/06
価格:903円(税込)

     詳細≫Amazon

     詳細≫bk 1

〜STORY〜
「わたしさえ黙っていれば、誰もきみと妹が入れ替わっていることなど気づくまい」双子の妹である桃子の死が確認された日、一葉は妹の婚約者である滋野井伯爵家の跡継ぎ・奏から、身代わり結婚を申し込まれた。僕は男です、そう断りたかったが、家の存続のため、一葉は桃子として嫁ぐことを決意せざるをえなかった…男の身でありながら女として扱われる屈辱感。愛する人がいながら一葉を抱き続ける奏。次第に快楽に溺れてゆく身体。孤独にさらされながらも、一葉は次第に自分の気持ちがわからなくなり…。

〜ひとりごと〜
 貴族シリーズ 第5弾です。
 一葉(かずは)の1人称で、会話も少ないので、“新妻苦悩日記”という感じでした。(笑)そんな感じだったので、途中、辛くなることもありましたが、後半は、色んな騒動も起こりお話が動き出すので楽しめました。
 文章になっていない部分を想像するのは、とても楽しかったです。いつもは、こーかなー?、あーかな?だったのが、こーだろうな。あーだろうな。だったので、うんうん。とニマニマしてしまいました。

〜ツボな脇キャラ〜
 今回は、わんこの“いちよう”です。
うちのわんこ達とついつい比較してしまい、“いちよう”のようには、動いてくれないだろうと思うと違う意味で涙が出そうになりました。(苦笑)

osusumedo_ani.gifpenguin_ani.gif196.gif196.gif196.gif

hokanosakuhin_b.gif










posted by 零 at 01:13| Comment(0) | TrackBack(0) | 遠野春日 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年06月15日

追われる夜の獣

owareruyorunokedamono.gif

タイトル:追われる夜の獣
著者:遠野春日
イラスト:やまねあやの
発行:プランタン出版
レーベル:プラチナ文庫
発売日:2006/06
価格:580円(税込)

     詳細≫Amazon

     詳細≫bk 1

〜STORY〜
この刑事はそそる。
奪い取って、喘がせてみたい−。

刑事の聖史は潜入捜査中に捕われ、奴隷として競りにかけられる。2000万円で落札したのは、黒い噂の絶えない実業家・脇坂。職務質問に訪れた際、聖史は一目で彼に魅了され、惹かれる気持ちを抑えきれずにいた。しかし「ちゃんと舐めてやる。おまえも気持ちよくなるといい」許しを請うても蜜に濡れたものを弄ばれ、穿たれた塊を喰い締めて屈辱のまま乱れてしまう。このままではすまさない、そう決意する聖史だったが…。魅せられて奪われる──美しい獲物を追いつめる、悦楽の罠。

〜ひとりごと〜
 キャリアの美貌の刑事と何かと黒い噂のある若手実業家とのお話です。
 以前ハイランドさんから出る予定になっていた本です。やまねあやの先生のイラストなので楽しみにしていたのですが、ご存知の通りの事情で発売中止。(涙)発売されるのはもっと先かなと思っていたので発売されると知り、即予約しました。
 お話の方は、やまね先生のイラストのせいか、“ファインダーの標的”とダブってしまいましたが、先が分っているにも関わらず、潜入捜査の時には、聖史(さとし)と一緒に緊張し、ハラハラしながら読んでいました。緊迫した聖史と脇坂の関係もなかなかおもしろかったのですが・・・う〜、最後でドン引きしてしまい思わず「ダサッ」と口走ってしまった程です。攻めのこういう姿は、私的には、見たくなかった・・・。最後の方だったので、その後挽回できるシーンがなかったので尚更でした。あのシーンさえなければ、面白かったのにと思うと残念でした。

osusumedo_ani.gifpenguin_ani.gif196.gif196.gif

hokanosakuhin_b.gif









posted by 零 at 01:44| Comment(2) | TrackBack(1) | 遠野春日 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年06月03日

恋愛は貴族のたしなみ

renaihakizoku.gif

タイトル:恋愛は貴族のたしなみ
著者:遠野春日
イラスト:夢花 李
発行:大洋図書
レーベル:SHYノベルズ
発売日:2001/11
価格:903円(税込)

     詳細≫Amazon

     詳細≫bk 1

〜STORY〜
男に囲われている没落貴族にどんな期待もしない―あるパーティーで久我伯爵家の御曹子・馨はかつて秘かに惹かれていた守脇侯爵家の威彦と再会する。家柄、人望、財力、容姿、すべてを持つ威彦は傲慢な男だった。経済的に苦しい久我家は稲美財閥から融資を受けているのだ。そして、稲美家の恭弘と威彦は昔からのライバルだった。恭弘に守られるように立つ馨に威彦は冷たい視線を向けた。威彦の挑発にのった馨は威彦が仕掛けた巧妙な罠におち…!?超ゴージャスロマンス決定版。

〜ひとりごと〜
 没落貴族の馨とかたや経済的にも人望もある侯爵家の跡取り息子の威彦のお話です。
 学生時代からの自他共に認めるライバル恭弘と寄り添う馨と7年ぶりにパーティーで再会した威彦は、ついついちょっかいを出し恭弘と緊迫した舌戦を繰り広げているのですが、『でないと?』 『嫌われるぞ』 ・・・嫌われるぞ?今、嫌われるぞって言った?これだけ緊迫した場面で、嫌われるぞ?・・・・・・ぷっ、大爆笑してしまいました。そこから一気にお話の中に引き込まれてしまいました。(苦笑)
 華族のお話で出てくる人も暇を持て余していますし、紳士倶楽部なども出てくるので、戦前のお話かと思って、ずっと読んでいたのですが、パソコンにパソコンの液晶画面というのが出てきて戸惑いましたが、名前は日本名ですが、国籍も時代も曖昧にしたかったそうです。

osusumedo_ani.gifpenguin_ani.gif196.gif196.gif196.gif196.gif

hokanosakuhin_b.gif











     詳細≫bk 1
posted by 零 at 00:53| Comment(0) | TrackBack(0) | 遠野春日 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年04月20日

高潔な貴族は愛を得る

kouketunakizoku_m.gif

タイトル:高潔な貴族は愛を得る
著者:遠野春日
イラスト:櫻井しゅしゅしゅ
発行:大洋図書
レーベル:SHY NOVELS
発売日:2006/03/31
価格:903円(税込)

     詳細≫Yahoo!+7&Y

     詳細≫Amazon

〜STORY〜
復讐のためには、心を裏切らなければならない・・・
これほど征服したいと思った相手はいない!

クレイトン公爵家の若き美貌の当主ヴィクターは、王宮のパーティーで薫り立つ色香を持つ繊細な美声年レイモンドと出逢う。おとなしそうな青年… けれど、レイモンドこそが、クレイトン家の仕事を次々と窮地に陥れている敵だと、ヴィクターは本能で感じ取っていた。一方、レイモンドはヴィクターこそが両親の仇であるクレイトン家当主と知り、復讐の機会を狙っていた。心はヴィクターに惹かれる、だが、殺さなくてはならない… 裏切りと謀略。そして淫らな罰とは!?

〜ひとりごと〜
 貴族シリーズ・9作目は、架空の王国の高貴な方々のお話です。
 主役2人のからみ(Hシーンではなく)が、少なくて何時になったら、2人は出会うの?と、ちょっぴりイライラしてしまいました。
 受けがヴァレンタイン公爵家での境遇にあるお話が、苦手で、ここでちょっと引いてしまった為、最後まで引いて読んでしまったかもしれません。

osusumedo_ani.gifpenguin_ani.gif196.gif196.gif196.gif

hokanosakuhin_b.gif









posted by 零 at 14:08| Comment(0) | TrackBack(0) | 遠野春日 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

貴族と囚われの御曹司

kizokutotoraware.gif

タイトル:貴族と囚われの御曹司
著者:遠野春日
イラスト:ひびき玲音
発行:大洋図書
レーベル: SHY NOVELS
発売日:2003/08
価格:903円(税込)

     詳細≫Yahoo!+7&Y

     詳細≫貴族と囚われの御曹司

〜STORY〜
一緒にいたい、でも…日本有数の財閥の生まれながら祖父に疎まれている忍は、外洋をクルーズする豪華客船で監視付きの生活を送っている。下船が許されるのは母親の命日がある7月の一週間だけだ。だがある日の午後、忍は監視の目を逃れてスペインの高級リゾート地マラガに降りた。ほんの少しだけ、すぐに船に戻る、そのつもりだったのに…監視に見つかり反射的に逃げだした忍を助けてくれたのは、英国貴族の末裔ウィリアムだった!束の間の幸福な時間。だが、追って手から逃れられないことも、忍は知っていた…。

〜ひとりごと〜
 貴族シリーズ 第4作目です。
 ん〜。正直、萌えませんでした。ごめんなさい。その要因のひとつは、画もあるかもしれません。どう見ても、高校生と中学生にしか見えなかった・・・。本当は、26歳と18歳なんですけどね。(今回、初めて知りました。マリみてのイラスト書いてらっしゃる方なんですね。ひょっとしてBL初挑戦?)内容的にも、平坦な感じでした。この貴族シリーズは、全部、こんな感じなのだろうかと、少し不安です。それと、へたれてないとは思うんですが、攻めにはもう少し強さが欲しかったです。先生は、英国貴族の末裔で紳士を目指して書かれたそうなのでこれはこれでいいのかもしれません。じゃあ、何が萌えなかったかというと、単に私の好みでなかったという、思いっきり個人的な理由です。(汗)もう、ホントにごめんなさい。
 貴族シリーズは、ドラマCDにもなっていましたし、前から知っていた作品だったのですが、今回読むまでは知っているだけで読んだことがあるのは、『華は貴族に手折られる』だけでした。先日、『高潔な貴族は愛を得る』が出たときに、読んでみるかなと思い立ち何冊か購入してみました。
 今後も何冊か書いていきますので、お付き合い下さいませ。

osusumedo_ani.gifpenguin_ani.gif196.gif

hokanosakuhin_b.gif











     詳細≫Yahoo!+7&Y
posted by 零 at 13:56| Comment(0) | TrackBack(0) | 遠野春日 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

華は貴族に手折られる

hanahakizokuni.gif

タイトル:華は貴族に手折られる
著者:遠野春日
イラスト:門地かおり
発行:大洋図書
レーベル:SHYノベルズ
発売日:2002/11
価格:903円(税込)

     詳細≫Yahoo!+7&Y

     詳細≫華は貴族に手折られる

〜STORY〜
おまえの主人はおれだ
貴族嫌いの男に買われた御曹司の運命は!?

許したのは体だけのはずだったのに―由緒ある高塔伯爵家に生まれた葵は、自分が伯爵家の人間であることを誇りに思って生きてきた。伯爵家が財産を騙しとられるまでは…そして、貴族嫌いの傲慢な男、速見桐梧を知るまでは…借金を肩代わりしてもらうため、葵が桐梧の邸を訪ねた夜に「おまえの主人は俺だ」桐梧はそう言い放つと葵を遊女扱いし、恥辱にまみれた体を開かせる。理不尽で恥知らずな欲望にまみれた男、それだけのはずだったのに、時折り見せる桐梧の優しさに葵の心は惹かれはじめて―!?アダルト・ハードロマンス。

〜ひとりごと〜
 借金で買ったとか、遊女扱い等ありますが、葵がかわいかったせいか、桐梧の冷血漢と言われる部分が書かれていなかったせいかはわかりませんが、そんないかつい印象はあまりませんでした。読み終わってみれば、Hシーンは多めだと思いますが、初めにちょっと間違った為にややこしくなっちゃいまいした。という感じでした。(笑)
 MAINはやはり、二人の恋の行方なんですが、桐梧の貴族嫌いの原因との対決というか、そういうのも読みたかった気はします。

osusumedo_ani.gifpenguin_ani.gif196.gif196.gif196.gif

hokanosakuhin_b.gif











     詳細≫Yahoo!+7&Y
posted by 零 at 13:46| Comment(0) | TrackBack(0) | 遠野春日 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

罠 temptation

wana.gif

タイトル:罠 temptation
著者:遠野春日
イラスト:小路龍流
発行:フランス書院
レーベル:プラチナ文庫
発売日:2006/04/10
価格:580円(税込)

     詳細≫Yahoo!+7&Y

     詳細≫Amazon

〜STORY〜
抱きあってキスをする──でも、それだけの関係。
次期社長候補の夏彦は、秘書・喬一の想いを利用して彼に抱かれ、精神的重圧からの逃げ道にしていた。しかしある夜、不器用さゆえそっけない態度を取ってしまった夏彦を突然、喬一が襲う。冷静沈着な男が、猛々しくも貪欲な本能を露わにし──「そろそろ限界なんですよ。わかりませんか?」雄を捻り込まれ、意識を失うまで嬲られた。屈辱感と信頼を裏切られた悔しさ、悲しさで心が乱れる夏彦。けれども、あの夜を思い返すと体の芯が熱くなって…。冷たい美貌の上司をとかす、甘い忠愛。

〜ひとりごと〜
 2話構成です。STORYにあるのは2話目のお話で、1話目は、夏彦の弟・晶也(あきや)のお話“虜 -prisoner-”です。内容は、『居酒屋で酔い潰れた、社長令息の晶也を介抱してくれたのは、無職でろくでなしの征典(ゆきのり)だった・・・。征典の纏っている抗え切れない強烈なオーラと蜜のように甘美で背徳的な快楽を晶也の無垢な体に教え込み、飴と鞭とを使い分けて冷酷に翻弄する巧みなSEX。何かに嵌って堕ちていくという経験を、晶也は生まれて初めて味わわされて・・・。』というようなお話です。うわちゃ〜という設定で、深窓のお坊ちゃまが、引っかかりそうな相手です。けれど、キッカケさえあればと征典を信じる晶也は、とても意地らしく、『しっかりしろよ、征典。』と、晶也をついつい応援してしまう程です。
 罠 -temptation-は、下克上+年下攻めです。弟が意地らしければ、兄は、プライドの高い意地っ張りです。STORYにある問題のシーンが概要だけでサラッと流されていて、ちょっぴり残念でした。こういう意地っ張りな受けが、なかなか素直になれなくて相手からの働きかけを待って、イジイジしたりしてるのって可愛くて好きです。必要以上に意地をはられるとイラッとしてしまう時もあるので、この匙加減は、微妙で作家さんにとっては難しい所でしょうけど・・・。
 どちらのお話も楽しんで読めました。

osusumedo_ani.gifpenguin_ani.gif196.gif196.gif196.gif196.gif

hokanosakuhin_b.gif











     詳細≫Yahoo!+7&Y
posted by 零 at 13:07| Comment(0) | TrackBack(0) | 遠野春日 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。