2006年12月02日

『残酷に、恋する。』


zankokunikoisuru.gif 
タイトル:『残酷に、恋する。』
著者:CHI-RAN
発行:マガジン・マガジン
レーベル:ピアス
発売日:2006/11/30
価格:680円(税込)

*画像clickで拡大画像が見れます。

 amazon.gif  rakuten.gif  bk1.gif

〜STORY〜
恋はイロイロ、オトコも色々。愛とはいつも残酷なのです…。
 残酷すぎる愛の証明。

SM、ハメ撮り、売春、乱交…。
 あなたはどこまでたえられますか?

ひたすら嬲られてもなお、アナタを想う。それが本気で愛している証明になるから…。
恋の残酷さを描いた表題作の他に、純愛から悲恋まで、様々な恋が詰まった一冊。
描き下ろしもプラスして、貴女に恋のフルコースを贈ります。

〜ひとりごと〜

 =残酷に、恋する。=
  「証明出来るんなら考えてやってもいい」
  それで手に入れることが出来るならと応じたが、その方法は残酷なもので・・・。

 =ダブル・クラッシュ!?=
  幼馴染み 年下攻め

  14歳と13歳でつきあい始め、それから毎日のようにHしつづけてきた。
  お陰で、マンネリ気味?
  コスプレ・オモチャ・羞恥・ソフトSMプレイと色々試された。けれどミナミは、体よりもメンタル面を満たされたかった。
  しかし、ヒロが新たに考え出したものは・・・ 

 =恋人は調教師=
  生徒×教師
  幼馴染

  恋人のヤマトの秘密を知ってしまった。
  自分には、ちっとも触れてくれないくせに見知らぬ相手に調教をしていたのだ。
  そんな、ヤマトに耐え切れなくなったハルは・・・

 =May your feeling=
  片想い歴7年、玉砕覚悟で博士(はかせ)に告白した晃。
  しかし、博士からの返事はOKだったが、「不感症の自分でもいいなら」というもので・・・。 

 =のぞき部屋の秘密=
  大学生×大学生

  迷惑メールを好奇心から開いて行ってみた先は、『のぞき部屋』だった。
  そこに映し出された映像は、修正無しの1人H画像。
  しかもその人物は、学内でも有名な美形の秀才(但し男)で・・・。

 =暴走彼氏=
  幼馴染

  医者から「完治するまでセックス禁止」と言い渡される程、激しいH。
  しかも、「この男はソレしか頭にないのか?」と言うほど。
  なのに、1度も「好きだ」とは言ってくれなくて・・・

 =残酷に、恋しても…=
  「残酷に、恋する。」のその後。

 =恋つづり=
  バイク便のドライバー×小説家
  先輩×後輩

  大好きだったけど、告白もできずにいた道哉(ゆきや)。
  そのカナタ先輩に偶然再会した。
  二人の仲は、急速に近づくが・・・


 “残酷に、恋する。”“残酷に、恋しても…”
  覚悟して読んでください。かなりハードというか本当に残酷なお話でした。

 “ダブル・クラッシュ!?”
  打って変わって、バカっ話でした。
  『ヒロが新たに考え出したもの』には、マジひきました。(笑)
  先生ご自身、「はじけたマンガが描きたくて、思いっきり、変なマンガ目指した」そうですが、「資料をみていくうちに後悔・・・」だったそうです。
  正直、「でしょうね。」と納得してしまいました。(爆)

 “恋人は調教師”
  恋人が自分以外の相手に触れていることに、大ショックを受けるんですが、さすが相手は、調教師。全て、お見通しなんですね〜。
  「あ〜ぁ」と思いながらも、ヤマトの思うツボなハルににまにましてしまいました。(笑)

 “May your feeling”
  博士の不感症を龍兄に話したことで、とんでもないことになっちゃうんです。
  でも、一瞬でも夢を見れたんだから良かったんではないかと・・・、それに晃も喜んでいるみたいなのでイイことにしましょう。(笑)

 “のぞき部屋の秘密”
  こちらも思うツボの青年の話で、ふふふでした。

 “暴走彼氏”
  「大事なことを言う時は、時と場所を選んで言いましょうね。」という教訓なお話でした。(笑) 

 “恋つづり”
  かわいくて、あまあまなお話かと思いきや最後に落とし穴がありました。(くすん)



osusumedo_ani.gifpenguin_ani.gif196.gif196.gif196.gif



小説xxxxx212作品 コミックxxxxx95作品 UP中
posted by 零 at 00:04| Comment(0) | TrackBack(0) | CHI-RAN | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年03月06日

餓愛(かつあい)

katuai.gif

タイトル:餓愛(かつあい)
著者:CHI-RAN
発行:オークラ出版
レーベル:アクアコミックス
発売日:2006/02/10
価格:650円(税込)

〜STORY〜
 雪降る街角に捨てられていた少年。青年は、少年を拾い自宅に
連れ帰った。言葉を持たず名前すらない少年は、ただ怯え青年
に嫌われないようと願う。贅沢で華やかな暮らしをしながらも
決して満たされたことのない青年は、少年を物のように扱う。
あのひとはどうしてぼくにふれるのでしょうか少年の体だけで
なく、愛らしくていじらしい心に触れた青年は次第に−!?

〜ひとりごと〜
 う〜ん。何を書けばいいのか・・・。正直なところ、イマイチ
 でした。こういう人とこういう人のお話を作りたかったいうの
 はわかりますが、そこにばかりこだわり過ぎていて、強引に後
 付けしたような感じで説明し、お話も唐突に解決して終わりま
 す。「なんじゃそりゃ」とツッコミたくなりました。

hokanosakuhin_b.gif










posted by 零 at 17:07| Comment(0) | TrackBack(0) | CHI-RAN | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。