2007年02月13日

美男の殿堂 DX


binannodemdou_dx_b.gif
タイトル:美男の殿堂 DX
著者:神葉理世
発行:エンターブレイン
レーベル:B's LOG-COMICS
発売日:2007/1/15
価格:998円(税込)

*画像clickで拡大画像が見れます。

 amazon.gif      

〜STORY〜
ようこそ、イケメン限定アパートへ。
神葉理世の出世作が、ついに完全版で登場!!
入居条件は“美男であること”。
そんなアパートで暮らすフツーの青年に、美男たちがちょっかいを出してくる…っ!?
「美男の殿堂」+「美男の殿堂 Z」2冊あわせた超特盛★ページ数!!
今や入手不可能の「裏☆美男」収録作品も読めるし、伯爵×姫の超レア描き下ろしありh-s.gif姫野くん、飲みすぎ注意です…!!

〜ひとりごと〜

 大学生×ホテル・アパートオーナー
 ツンデレ

 ミュージシャンを目指し家出してきた名取淳哉は、めがねっ子のアキバ系。
 淳哉が路上ライブをしていた所、絡まれてしまう。
 そこを助けてくれた殿下 叶(すえした かなえ)は、アパート経営をしており行く所がないならおいでと『メゾン・ド・それいゆ』に淳哉を連れてきた。
 しかし、そこの住人は何故か皆眩しいオーラを放った人たちばかり。
 それは、『メゾン・ド・それいゆ』別名『美男の殿堂』が『入居条件は夢を持ち、明日に向かう輝かしくも洗練された美しい若者であること』でオーナーの殿下は『そんな君達を支援するためにここを作った』からだ。
 家賃、生活費は、『出世したら払い』というが、殿下は股間で誰かを確認するような人で・・・!!


 寿司職人×和食研究家
 ツンデレ ヘタレ攻

 姫野有祐(ひめの ゆうすけ)が勤める寿司店に来た外国人が何かを確かめるように慎重に握りを口にしていた。
 そんな仕草がやけに気になっていた姫野だが、なんとその外国人クリスティアン・ベルナドッテが『美男の殿堂』に入居してきた。
 しかも、新入り歓迎会で自分が作ったちらし寿司に「あまりおいしくありませんでした。でも君は美味しそうです」と言われてしまう。
 そのバカにしたような態度に「絶対、美味いって言わせてやる」と意気込む姫野だったが、クリスティアンは何故か姫野に懐いてきて・・・。


 デイトレーダー×俳優の卵
 誘い受 ノンケ

 ある日、太夫郁実(たゆう いくみ)は、行き倒れの男を拾った。
 しかも、好みのタイプ。
 行き倒れの男・軍司 将(ぐんじ まさる)の事情をいいことに、早速『美男の殿堂』に連れ込み、殿下から同居(同棲)の許可をもぎ取った。
 軍司に迫りまくる太夫だが、彼には辛い過去があり・・・。


 「美男の殿堂」+「美男の殿堂 Z」を1冊にまとめ、全プレだった「裏☆美男」も収録されたお得な1冊です。

 上記の3組のカップル中心にお話が進みます。

 個性的なキャラたちで、とっても楽しい作品でした。
 淳哉が一番ノーマルな人で、皆のキラキラオーラに当てられて「まぶしい・・・」ってクラクラしているのが笑えます。

 そのお相手殿下は、『美男の殿堂』を作った事実で、そのイカレ具合が分かるかと思います。(苦笑)
 今時、アパートでしかも共同浴場共同トイレ、彼の煩悩のために作られたようなものですよね。(爆)

 姫野は、クリスティアンにちらし寿司を「おいしくない」と言われ、リベンジに燃えてるんですが、この人酒乱気味でお酒が入ってる時とない時では凄い違いで見てるこちらは楽しいですが、周りは大変そうでした。(苦笑)

 クリスティアンは、モデルもやってる位なので、イイ男なのですが、姫野に「黙ってれば」という但し書きをつけられてます。
 日本語は堪能なのですが、やっぱり中身は外国の方、そのアプローチも聞いてる方がこっ恥ずかしい言葉の連発です。
 そんなクリスティアンを、姫野は殴る蹴るでめちゃめちゃなんですが、それにもめげずにクドいてるクリスティアンは、ひょっとして?と疑いをかけちゃう程でした。(笑)

 好みの男性を引っ張り込み同棲に持ち込むというのを太夫はしょっちゅうやってるみたいです。
 「今度は何日もつんだろう・・・」と姫野に心の中で、ツッコミ入れられてましたから・・・。

 お相手の軍司は、モデルもやってるイイ男なのですが、女性には免疫がないようで、ノンケながら太夫のお色気作戦にまんまとひっかかりしまいには、うふふ・・・でした。

 詳細は描かれてなかったのですが、太夫の過去は凄惨なもののようで、今の彼からは想像もできないことなのですが、その心の傷は確実に太夫自身に刻まれていて、ちょっぴりせつなかったです。
 けれど、太夫は小悪魔(?)な面も多々あり、他カップルを引っ掻き回して楽しんでたりします。
 でも、姫野の言葉と今までの自身の恋から、上手くいってるカップルみると意地悪したくなっちゃうのかもしれませんね。(笑)



osusumedo_ani.gifpenguin_ani.gif196.gif196.gif196.gif



小説xxxxx251作品 コミックxxxxx124作品 UP中
この記事へのコメント
零さん こんにちは♪

昨夜からいろんな記事にあちこちコメントお邪魔させて貰ってマス☆

『美男の殿堂』は旧ビブロス版を持ってて、全プレも応募して持ってるのに、買ってしまいましたよッ!実は私は【神葉理世】さん好きなんです〜♪メッチャ面白いですよね!

ただ残念なのが(?)分厚過ぎて持ちにくい、読みにくい、書店員がカバー掛けにくそう…。

この出版社のコミックスって倒産したとこの旧作を集めまくってる気がする…。先日も【立野真琴】さんが発売されてたし。次はどんな作家さんの旧作が登場するのかなと楽しみです♪♪
文庫小説は、BL作家さんがライトノベル作品を発表してるし。
今後の動きが気になります。
Posted by カズ at 2007年02月18日 12:37
 カズさん、こんばんは〜。

 わわ、凄いですね。
 でも、好きな作品って、持ってても【新装版】出されるとついつい買っちゃいますよね〜。

 うんうん、面白かったです〜。
 私の不気味な笑いに、「何?」と家族をビビらせてしまいましたもの。(苦笑)
 きっと、人には見せられない顔して読んでたと思います。(恥)

 『美男の殿堂』みたいのが、お家の近くあったら用もないのに、毎日前通りそうです。(爆)

 「分厚過ぎて持ちにくい、読みにくい、書店員がカバー掛けにくそう…。」
 ハハハ・・・分厚い、ホント分厚いです。
 寝っ転がって読んでたら、腕がだるくなってしまいましたよ。(苦笑)

 出版社の件は、私も思います。
 絶版物、色々出してくれてますし、なかなか面白いことしてらっしゃいますよね。
 はい、私も動向見守りたいと思います。

 コメントありがとうございました!!
Posted by 零 at 2007年02月19日 01:14
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/33547997
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。