2006年08月08日

ナイトタイムも恋のうち


nighttimemokoi_m.gif 
タイトル:ナイトタイムも恋のうち
      (恋のうちシリーズ 9)
著者:水島 忍
イラスト:明神 翼
発行:プランタン出版
レーベル:f-LAPIS
発売日:2006/07/28
価格:560円(税込)


     詳細≫Amazon

     詳細≫楽天

     詳細≫bk 1

〜STORY〜
もう・・・・・・全部脱いでしまおうか
恋人として満足させてあげる…覚悟はいいかな?
規則破りの常習犯だった千原大河は、副寮長だった甲斐と恋人同士ながら喧嘩ばかりしている。今も、テスト前だから部屋に遊びにくるなと冷たいのだ。そんな時親友の様子がおかしいのに気づいた大河は、そのことを甲斐に相談するが一蹴されて、また喧嘩になってしまった。甲斐の卒業まであと1年しか一緒にいられないから、いつでも可愛がっていてほしいだけなのに。だが、大河は今まで甘えまくっていた甲斐からの自立を決意して!?

〜ひとりごと〜
 甲斐は、自分に甘えてばかりいる大河に自立するよう、または、ルームメイトの光希(こうき)と上手くやれるように、中間試験が終わるまでは、部屋に来る事を禁じる。しかし、大河は、甲斐の卒業までは、1年しかないのだから、それまでは思う存分甘えていたいから、結局、喧嘩になってしまったあげく、上手く丸め込まれ甲斐のいうことを聞かされてしまう。
 そんな時、いつも真面目な親友・相崎の様子がおかしいことに気づく。いつも、助けてもらっているだけに、親友のピンチとあらば、何とか力になりたいと思うのだが、甲斐には相手にしてもらえないばかりか、お説教されてしまう。
 思い切って相崎を問い詰めると、何とか自分で解決させたいと努力する相崎。そんな相崎に感化され、自分も甲斐からの自立を決意する大河だが・・・。

 恋のうちシリーズもこの本で最終巻です。全9冊、しかも7年、長かったですね〜。今回、始めから読み直しても、やっとここまでたどりついたという感じでした。(笑)それでも、攻め達の卒業まで、読んで見たかったという気はしなくもないですが・・・。

 甘えん坊でワガママな所は、かわいいと思うと同時に、光希に当たる態度なんかを見れば、逆に『イイ加減にしろ。』と思う部分もある大河ですが、彼の口から、『甲斐から自立する』という言葉を聞き、頑張っている姿を見ると、私まで寂しいような複雑な気持ちにさせられました。(笑)私まで、そんな気持ちになるとは、以外で、『そうそう』と思うだけかと思っていたのに、自分の感情にびっくりです。(苦笑)
 相変わらず、喧嘩ばかりしている2人です。仲直りしようと試験が終わるまでは入室禁止の約束を破ってまで、自分の部屋に連れていく甲斐の態度の変化に、甲斐のことだから、絶対裏があるとワクワクしていたのですが、あまり裏はなくて残念。強いて言うなら、懐柔作戦ではあったかもしれないけれど。(苦笑)

 相崎の悩みも裏がありそうだとは思ってましたが、以外な結末で、びっくりと言うより『・・・はっ?』『なんで!?』とツッコミ所満載でしたが、ついつい『どっちがどっちなんだ』と妄想してしまいました。(爆)

 大河は甲斐から自立できるのか?
 旧寮自治会まで巻き込んでの相崎の悩み騒ぎの顛末は?

osusumedo_ani.gifpenguin_ani.gif196.gif196.gif196.gif196.gif

hokanosakuhin_b.gif











posted by 零 at 23:51| Comment(0) | TrackBack(0) | 水島 忍 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。