2006年08月05日

トップシークレットも恋のうち



koinouti_5_m.gif タイトル:トップシークレットも恋のうち
       (恋のうちシリーズ 5)
著者:水島 忍
イラスト:明神 翼
発行:プランタン出版
レーベル:ラピス文庫
発売日:2002/11
価格:540円(税込)
 



      詳細≫Amazon


      詳細≫楽天

      詳細≫bk 1

〜STORY〜
恥ずかしい秘密って・・・何っ!?
翔鳳学園の転校生の南野光希は寮長の幸村先輩と恋人同士。恋人になってから初めての幸村先輩のバースデイが近づくにつれドキドキしていた。だが、寮自治会と生徒会の間が突如、今まで以上に悪化してしまった。それというのも生徒会長の浅見が寮自治会に難癖をつけてきたせいだ。どうやら浅見は自分の恋人の真琴が、幸村の恋人である光希と仲がいいのが気に入らないらしい。友情のためにも光希と真琴は、幸村と浅見の仲が悪い原因を探ろうとするのだが、誰もが「トップシークレット」だと言うばかりで。

〜ひとりごと〜
 浅見が、またムチャを言い出した!寮自治会に難癖をつけるだけじゃ収まらず、幸村の恋人である光希(こうき)と付き合うなと言うのだ。あまりのことに皆な呆れ気味、しかし、1番の当事者である真琴は、浅見と幸村が仲直りすれば、こんな無茶を浅見も言わなくなるのではないかと考える。光希を誘い、2人の仲たがいの原因を探ろうとするのだが、“トップシークレット”だからと誰も教えてくれない。
 幸村に聞いても当たり障りのない回答しか得られないばかりか、Hでごまかされてしまう。不安になった光希は、副寮長の甲斐の元に行くが、『それを君が知れば、幸村が傷つく』とまで言われてしまう。不安でしょうがない光希の思考は、悪い方、悪い方へといってしまうばかり。不安が頂点に達してしまった光希は、幸村を詰ってしまい・・・

 あ〜もう、誰か浅見の暴挙を止めて下さい〜!!(笑)今回も浅見っぷりをいかんなく発揮してくれてますが、ここまでくると、ちょっとやりすぎ。どんどん、どんどん火に油注いじゃうもんだから、光希も真琴も煮詰まっちゃってるし。光希は光希で、嘘がつけない幸村にHでごまかされ、甲斐にも意味深なこと言われたもんだから、悩まなくていいことでまで悩んで、このままでは、大好きな幸村に嫌われてしまうと追い詰められてしまって、かわいそうに・・・。
 問題起こして、引っ掻き回すだけ回したにも関わらず、そんなことは忘れて、さも自分が全てを解決させたみたいな横柄な態度は、浅見らしいと言えばらしいですが、前巻でのことも、全然、懲りてないようで、また同じようなことしてますしね。
 一度でいいから、浅見がしないだろうけど改心する位、ぎゃふんと言わされるとこ見てみたくなりました。(笑)

 トップシークレットとは?それを光希が知った時、幸村はホントに傷ついてしまうのか、また光希と幸村の関係も変わってしまうのでしょうか?

osusumedo_ani.gifpenguin_ani.gif196.gif196.gif196.gif196.gif

hokanosakuhin_b.gif












posted by 零 at 00:01| Comment(0) | TrackBack(0) | 水島 忍 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。