2006年07月30日

イヤもキライも恋のうち

koinouti_1.gif

タイトル:イヤもキライも恋のうち (恋のうちシリーズ 1)
著者:水島 忍
イラスト:明神 翼
発行:プランタン出版
レーベル:ラピス文庫
発売日:1999/07
価格:―円(税込)

     詳細≫Amazon

     詳細≫楽天

     詳細≫古本市場

〜STORY〜
生徒会と寮自治会が対立する祥鳳学園に入学した真琴は寮長の幸村と同部屋になったために生徒会長の浅見に目をつけられた!?入寮初日に「祥鳳式挨拶」と騙されて真琴は浅見のお口でイッてしまう。以来、何かと浅見が手を出す真琴に浅見の取り巻き・生徒会執行部は黙っていない。幸村たちのガードも虚しく自ら生徒会室に足を踏み入れてしまった真琴は大ピンチ!間一髪で現れた浅見に助けられるどころか執行部環視の中最後までヤラれてしまいそう。イヤだけど身体は別なのか、腰が動いちゃって、一体、どうすりゃいいの。

〜ひとりごと〜
 浅見のお綺麗な顔に見とれて警戒心ゼロなのをいいことに、騙されあれよあれよという間に好き放題されて、ルームメイトで2年生の寮長・幸村が来なければ、最後まで美味しく頂かれてしまう所だった。しかし、その浅見の行動の裏には、どうやら生徒会と寮自治会の対立がある様子。
 初めが初めだけに、浅見の言動全てが信じられない真琴は、すっかり幸村派になり寮自治会に警護されていた真琴だったが、真琴を疎ましく思う生徒会執行部に連れ去られ・・・。

 つくづく美形は、トクだなあと思わされるお話でした。(爆)実際、浅見がブサイクだったなら100%こうはならないですもんね。それは、真琴も自覚しているようで、『綺麗な顔に見とれている間に・・・』『耳元で囁かれるとまるで催眠術にでもかかったようになる』と言ってますし、その辺は、浅見の方でも十分理解していてフル活用してもいるでしょうけど。(苦笑)
 しかし、浅見の最大の欠点・嘘つきで性格が悪い、そのせいで真琴も浅見自身も苦労させられてます。これに懲りて、少しはマトモになってくれると真琴にはいいんでしょうが、それだと幸村との絡みがつまらなくなるかな?と。(コラコラ)
 真琴は、楽天的というのもあると思うんですが、浅見とのことに関してとは、もう考えるのを拒否しているような所があります。もちろんそれは体に心がついていってないのもあるとは思いますが、『もうちょっと考えるようにしようよ。そんなだから、浅見に付け入られるんだよ。』と言いたくなりました。まあ、ほとんど一目惚れ状態だから仕方ないと言えば、仕方ないのでしょうが・・・。(苦笑)

〜ツボな脇キャラ〜
 気の毒な寮自治会の寮長・幸村さんしかいないですよね。
 その見かけ(長い髪を後ろで一つに束ね、時代劇に出てくるような行く先々で悪人を斬り捨てるさすらいの素浪人。<真琴談>“素浪人”って・・・、というツッコミはこの際、置いときます。<苦笑>)に違わぬ硬派な性格な為、貧乏くじを引いてしまった気の毒な幸村。
 次回作では、主役をはりますので彼の活躍(!?)を期待したいと思わせる人です。

osusumedo_ani.gifpenguin_ani.gif196.gif196.gif196.gif196.gif196.gif

hokanosakuhin_b.gif











posted by 零 at 00:20| Comment(0) | TrackBack(0) | 水島 忍 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。