2006年07月15日

真夜中のキミに恋をささやく

houmonsha_osusume1.gif

mayonakanokimi..gif

タイトル:真夜中のキミに恋をささやく
著者:高野真名
イラスト:桜城やや
発行:角川書店
レーベル:ルビー文庫
発売日:2006/4/28
価格:540円(税込)

     詳細≫Amazon


     詳細≫bk 1

〜STORY〜
第6回ルビー小説大賞 奨励賞受賞者デビュー作!
親同士が再婚することになり、密かに憧れていたクラス委員長・叶野仁と家族になることになった高校生の宮原郁郎(いくろう)。だが素っ気ない仁の態度に、どうやら快く思われていないらしいと落ち込んでしまう。そのうえ些細なことから教師に目を付けられ執拗に絡まれ続けた郁郎は、過度のストレスで倒れたところを仁に発見されてしまうことに。しかし痛みと不安で泣き出した郁郎を、仁は抱きしめキスをしてきて―?クールな委員長×気弱な高校生の義兄弟ラブストーリー。

〜ひとりごと〜
 ウチに来て下さっている方のオススメ本です。
 親の再婚で義兄弟になったクラスメイトのお話です。
 なんだろう・・・郁郎は。これだけ自分を卑下してる子もめずらしいけど、鬱陶しくないんです。不思議だ・・・。あまりにもマイナスな考えに、「そんなことないよ」とついついフォローしたくなる。そんなだから、周りもほっとけないんでしょうね。乙女入ってるのは、ちょっと・・・ですが。
 お相手の仁、難しい読み方です。お話の中で、そのことに触れているシーンがあるので、ふりがなうちませんでした。(笑)仁はクールで眉目秀麗(死語かな?)な上、家事全般も軽くこなすパーフェクトな人ですが、口調がキツイだけに郁郎は、益々自分を責めがちでちょっとかわいそうでした。そしてこの仁、結構ズルイです。郁郎のニブさに拗ねたくなる気持ちは分からないでもないですし、自覚させるにはイイ手かも知れないけれど、結局、郁郎に言わせてたもんな〜。何をかは、秘密です。(苦笑)
 学園物は、最近あまり読んでなかったので、新鮮でした。

〜ツボな脇キャラ〜
 郁郎の親友・旭(あさひ)と仁の兄・礼人(あやと)。
 ポンポンと物を言い、お話をシメてた旭とボケボケしてそうなのに、以外とするどい礼人。2人は、すぐに気があってと作中にもありましたが、根底の部分で同じニオイがします。(笑)
 そして、次回作は、どちらかが主役はってそう。

osusumedo_ani.gifpenguin_ani.gif196.gif196.gif196.gif196.gif
この記事へのコメント
義兄弟もマイナス思考な受も苦手なはずなんですが、郁朗はなんだかツボに入ってしまいました(*^_^*)
手を差し伸べたくなります。
Posted by まっつん at 2006年07月18日 01:42
 こんにちは、まっつんさん。
 郁朗は、不思議な魅力のある人でしたね。ちょっぴり、羨ましい気もします。(笑)
Posted by 零 at 2006年07月18日 11:04
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/20799712
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。